ピクシブ百科事典

沢尻シュンスケ

さわじりしゅんすけ

漫画『ギャンブルッ!』に登場する人物。
目次[非表示]

概要

『究極の勝負師』。数学界の神童、ジャンをして、そう言わしめる、孤高のギャンブラー。

本来、運の要素に支配されがちなギャンブルにおいて、持ち前の異常な集中力、感性をもってして、確定的な勝利をもたらす。

単に運が良いのではなく、身体的なスキルを活かし、勝つべくして勝つその様を、ジャンは、
『全方位型の槍』とも称している。

人物

男性としては、少し長めのクシャクシャのくせ毛と、片耳だけにつけたピアス以外、特に目立った特徴のない平凡な容姿、さらに、飄々とした振る舞いと、非常に軽いノリが、どこかチンピラを思わせる。

初登場時も、競馬で有り金をすべて摩ってしまい、道行く人に自前のパーカーを300円で売ろうとするも、だれにも相手にされず、途方に暮れているなど、おおよそ強豪ギャンブラーとは思えない醜態をさらしていた(このときの競馬については、詳細が描写されておらず、なぜ負けたのかは不明)。

奇しくもこれが、マサルとの出会いのきっかけとなった。

能力(※ネタバレ注意!)























先述した、特別な身体力により、ロシアンルーレットにおいては、銃の重みで、弾倉のどこに弾丸が入っているかを測る。ルーレットにおいては、目で、ストップウォッチのように、玉が一周する速度を測り、放られた球がどこに入るかを予測する。さらには、丁半博打においては、投げ込まれるサイコロと、その揺さぶられ方を見て、出目を予測する等、およそ人間とは思えないほどの動体視力と集中力、記憶力を持つ。これは、鎌田曰く映像記憶能力と呼ばれる、見たものを、瞬時に細部まで記憶できる能力であり、これにより沢尻は超人的な能力を発揮し、勝利をおさめていた(もちろん、先天的な能力なため、イカサマではない)。

余談(※ネタバレ注意!)






















実は、沢尻の体は急性白血病に侵されており、マサルとの対決中にも血を吐くなど、症状は非常に深刻なものだった。対決後、裏路地で一人大量の血を吐き、そのままの如く一人で逝こうとしていたところを、大会事務局長クリス・大神に拾われ、一命をとりとめる(その際、復讐を誓っていた父親の骨髄を勝手に移植され、激昂していた)。その後、病室から姿をくらませ、現在は行方不明である。

関連イラスト

ギャンブルッ!沢尻シュンスケ
沢尻



関連タグ

ギャンブルッ! 京本マサル

pixivに投稿された作品 pixivで「沢尻シュンスケ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 137

コメント