ピクシブ百科事典

湊斗景明

みなとかげあき

湊斗景明とは、「装甲悪鬼村正」のキャラクターである。CV:石川ゆうすけ
目次[非表示]

「人を殺すことは悪行であり、悪行を為す者は悪鬼なのだ!俺は悪鬼なのだ!!」

概要


装甲悪鬼村正の主人公。呪われた妖甲と名高く、敵を一人殺したならば味方も一人殺さねばならなくなる「善悪相殺」の呪いを持つ劔冑「勢州右衛門尉村正三世」を纏う武者。国内で発生している謎の大量殺戮を引き起こす存在「銀星号」を追い、親王の後援の下で暗躍する。
活動時は「内務省警察局鎌倉市警察署属員」と非公式のパート警察官を名乗り、それ以外では尊属殺人を含む多数の殺人を犯した未決囚として拘置所に収監されている。生真面目な性格であるが故、善悪相殺の呪いに苦しみながらもその目的の為に大和を血に染めていく。

劔冑を纏う際に詠う誓言は、「鬼に逢うては鬼を斬る 仏に逢うては仏を斬る ツルギの理ここに在り」。

性格

暗黒星人などと揶揄されるほどに暗い。あまりの暗さに自ら関わり合いになる人などほとんどおらず、本人から話しかけてもビビられたり怪しまれたりと相手にしてもらえないほど暗い。無理に親しげに笑おうとして恐ろしげな顔芸を披露することが度々で、ファンからは作中のとあるCGにて浮かべる凄惨な笑みと併せて「悪鬼スマイル」などと親しまれている。

しかし根っこは真面目過ぎるくらいに真面目な人で、悪鬼どころかむしろ善良である。作中で繰り返すこととなる殺戮においても「悪鬼」としての自認を崩さず、その罪を真摯に受け止め、自責している。「銀星号」事件が解決した暁には、自分を処刑するようにと嘆願していた。

上述の通り真面目すぎるため、会話ではあまり冗談が通じず、時折肉や嫌味だと思われるほど真面目な解答をしてしまう。また会話に無理に華を添えようとし、変な冗談を言った結果で逆に場が凍りつくこともしばしば。ただでさえ濃い人物が多い中、ギャグの嵐の中にある意味空気を読みすぎたKY発言を繰り返し場を斜め下に掘り下げる男。話題に困った時にはこっそり村正に意見を仰ぐなど、真面目さや暗さが目立つが案外愉快な性格である。ファンからの人気も高く、エロゲー界では珍しく男性でありながら人気投票1位を獲得した。

能力


劔冑は三世村正

妖初期から厳しい教育を受け、免状には至らずも「吉野御流合戦礼法」を修めている。の突出した才覚を日常的に目にしていたこともあり、本人は自分を凡才の域を出ないと自認している。事実本編では天才格の人物に後塵を拝することも多いが、それでも普段の振る舞いから見るべき人から見れば「かなりできる」と判断されるようで、村正を初めて纏った時も不慣れさを見せずに扱ってみせた。
どちらかと言えば頭脳労働の方が得意なようで、戦闘では自分の力量と相手の力量を正確に比較し、格上の相手には索を弄して勝利する。

何かと多芸。学生の頃には蹴球部、山岳部、茶道部などに属していた。また過去から今に到るまで装甲競技(アーマーレース)のコアなファンで、学生の頃には装甲競技研究部にも所属しており、装甲競技の歴史や競技用劔冑の構造に深い知識を持つ。本編の数年前にテストレーサーをやったこともあるらしい。また、光に触発されて鍛えたらしく、十銭玉硬貨を瞬時に縦に3つ積みあげるという、凄いが地味すぎるスキルを持つ。光は10枚くらいはイケるらしい。

茶々丸が言うには「微妙な才能に溢れた人」。


「この世を平和にしたいなら、武道が消えてなくなればいい!!あらゆる武器あらゆる武人が、剣も槍も銃砲火器も、貴様も俺も!!」

関連イラスト

ラクガキ景明様


関連タグ

装甲悪鬼村正

関連記事

親記事

装甲悪鬼村正 そうこうあっきむらまさ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「湊斗景明」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 340090

コメント