ピクシブ百科事典

炎雷覇

えんらいは

炎雷覇とは、ライトノベル『風の聖痕』に登場する最強の呪法具である。使い手は神凪綾乃。
目次[非表示]

由来

妖魔退治を生業とする日本退魔組織、神凪の初代宗主が炎の精霊王から下賜された。劇中では主に神器と呼ばれている。
所持する者は力が増幅され、契約者に匹敵する精霊を制御する権限をも得る。より強き術者に従い、それより力量の低い術者に継承させる場合には大掛かりな儀式が必要となる。正式に継承すれば体内に納められるようになるが、継承しなくても使用自体は可能となっている。

外見

原作では両刃の直刀だが、アニメ版ではすべて木製である(アニメ版設定資料より)。使用時にはメイン画像のように剣身に炎がともる。漫画版ではややファンタジーの「ソード」寄りのデザイン。

能力

前述の通り、炎術師の能力を大きく引き上げてくれる。
ただし炎術が「意志の具現化」であるため、威力は精神状態にかなり左右される。そのため能力・精神の弱い者が炎雷覇を手にしても使いこなせない。事実、先代宗主だった神凪頼道は実力がなかったため使いこなせず、炎雷覇は死蔵されていた。

継承の儀

炎雷覇の継承を行うための儀式。そして次期宗主を決定するための決闘を指す。劇中では4年前、和麻と綾乃がこれらを巡って戦っている。しかし、炎術の使えない和麻では当時12歳だった綾乃にすら歯が立たず、失望した厳馬は息子を勘当した。ちなみに先代の使い手は綾乃の父・重悟だったが事故により片足を失ったため、ナンバー2である厳馬に継がせるはずだった(厳馬に継がせようという意見が多かったらしい)。しかし、厳馬は息子に実力で宗主の座を継がせたいと考え、表向きは「継承とは若い世代へとつないでいくもの。今更自分が炎雷覇を授かる理由はない」と告げ、和麻と綾乃の対決をゴリ押ししたという。そのためこの継承の儀は、和麻の成長、ひいて彼の影響を受けた綾乃の成長に繋がった大きな出来事でもあった。

劇中での扱い

性能に反してシナリオの争点になることは余りない。原作1巻での立ち位置は「精霊王が実在することを匂わせる(和麻が風の精霊王との契約者である伏線)」くらいにしか絡まなかった。だが原作6巻では炎雷覇を狙う精霊喰いゴート一派が現れ、風、水、地の神器まで登場している。だが作者が死去したため、このエピソードは未完のまま幕を閉じた。

えんらいは

ユーザーにおける風の聖痕の残念系ヒロイン・神凪綾乃の渾名。元ネタは炎雷覇を手にする際の掛け声「えんらいはー!!」から。

関連タグ

風の聖痕 神凪綾乃

関連記事

親記事

神凪綾乃 かんなぎあやの

コメント