ピクシブ百科事典

石橋藍児

いしばしあいじ

石橋藍児とは、ライトノベル『ヴぁんぷ!』に登場するキャラクターである

概要

(手は早いらしいが)穏健派ということで有名な吸血鬼。

外見は黒髪黒目の日本人。よくスーツを着ており、時折メガネをかける。

双子の弟イエロー・ブリジストンとはそれなりに仲良しっぽい。
見た目や好物、口調など正反対だがそれ故そっくり。

『組織』の上級幹部『虹』の一人
二つ名が「藍影」と描いてアイシャドウと読むように言葉遊びが好き。
また、同じ幹部であるメルヒルム・ヘルツォーク佐藤一郎の二つ名も彼が付けた。

武器として竹光を持っている。
だが、実際は竹光で相手を斬るのではなくその陰で相手を斬り裂く。
だってほら、「影に鋭さは関係ない」から。

幼いころ人間に迫害され、弟とともに山の中を逃げていたところ、
ゲルハルト・フォン・バルシュタインの統率する人狼たちに助けられたことがあり、ゲルハルトに恩を感じ、慕っている。
その数年後ゲルハルトらとともに『組織』を結成した。
ゲルハルト曰く、双子に出会ったことは「組織を作るきっかけだった」らしい。

藍色の影を操ることが主な能力。
こっそり心の中で「忍法、影芝居」とつぶやいているが恥ずかしいので他言はしない。
他にも体を酸に変えたり多様な能力を持つ。

好物は、すしのカリフォルニア巻き。

「日本で長く暮らしているとな……たまにはブロンドの美女の血に憧れることもある。」
↑ちくしょう

関連タグ

ヴぁんぷ! イエロー・ブリジストン 石橋兄弟

pixivに投稿された作品 pixivで「石橋藍児」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14151

コメント