ピクシブ百科事典

神尾悟

かみおさとる

漫画『ぎんぎつね』の登場人物名。

神尾悟とは、漫画『ぎんぎつね』に登場する冴木神社に居候している少年。16歳。
冴木まことと同様に神社の正式な跡取りであり、神眼を持っている。

幼い頃に両親を事故で失ってから、悟を引き取った祖父もすぐに他界してしまい、その後は叔母夫婦に育てられる。
更にその後、紆余曲折あって冴木神社に居候することとなったが、幼い頃から叔母夫婦から虐げられてきた経験から周囲に対して壁を作り、周囲に対してもどこか他人行儀で接してきた。
しかし、まこと達の開いた歓迎会を機に少しずつ周囲にも溶け込めるようになり、まこと達に対しストレートかつ辛辣なツッコミを入れるなど、彼なりのコミュニケーションを取れるようになってきた様子。
幼い頃から剣道を習っており、その腕前は折り紙つき。
冴木神社に居候することになったのも、まことの通う高校の剣道部が強豪であったという背景がある。
また、背が低いことをひそかに気にしているなど、歳相応な悩みも抱えている。
ハルとは幼い頃からの付き合い。

関連イラスト

だいすき2
悟お誕生日おめでとう!
悟誕生日おめでとう!
さみしくない



関連タグ

ぎんぎつね 冴木まこと 銀太郎 ハル(ぎんぎつね)

pixivに投稿された作品 pixivで「神尾悟」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 206069

コメント