ピクシブ百科事典

究極バカげ〜む

きゅうきょくばかげーむ

 ログインソフコン誌上においてバカゲー旋風を巻き起こした伝説の快作。ダークフォースシリーズやコープスパーティーなど、今なお残る名作の数々を世に送り出したソフコンであるが、それを休刊に追い込んだのはこのゲームであると言われている。
目次[非表示]

概要

「究極バカげ~む」は、大王ソフトが製作した同人ゲームである。動作環境はPC98シリーズMS-DOSのみ。現在はwindows用リメイク版「究極バカげ~むG1」が公開されており、コンテストパークHPから無料ダウンロード可能となっている。

略歴

 初出は1996年のログインソフコン第7号。同号には第一回Aコングランプリ作品(獲得賞金額なんと1000万円)「クック・ドゥ・ドゥル・ドゥー」が収録されている他、「DARK FORCE4」や、前6号で人気ランキングトップを獲得した「コープスパーティ」が収録されていた。だが、その片隅にひっそりと掲載された「究極バカげ~む」が、その後約9ヶ月に渡って誌面を賑わすことになろうとは誰も予想だにしなかったに違いない。
「究極バカげ~む」が掲載された時点での獲得賞金額は1万4円であり、これは受賞作品中(あと一歩作品をのぞく)至上最低金額であった。しかし「究極バカげ~む」は、その三ヶ月後に発刊された第8号の人気ランキングで6位を獲得する快挙を成し遂げる。(ちなみに前述の「クック」「DF4」「コープス」が1・2・3位)
 ソフコンの誌上ルールとして、ランキングでTOP10に入った作品はその号にも収録され、追加賞金2万円が支払われるというものがあった。「究極バカげ~む」は翌9号ではランキング入りを逃すものの、同誌内で「極めよ!味ゲー道!」なる専用コーナーが作られるという異例の厚遇を受ける。ちなみに同コーナー内では、「ソフコン第7号でその破壊力を爆発させた」「かの名作『究極ばかゲーム』。果たしてコイツを越える作品は来るのだろうか」などと謎の持ち上げられ方をしており、続編に対する編集部の期待感が見え隠れしていた。
 

ゲーム内容

 ジャンルはコマンド選択式アドベンチャー。しかしゲームデザインの随所に既存概念へのアンチテーゼが盛り込まれ、戦闘シーンでは三択クイズバトルを採用し、RPGのようにレベルアップするなど、ただものではない予感がひしひしと感じられる構成となっている。
 まず特筆すべきは、オープニングテーマ曲が存在するということ。これは当時アスキー社が公開していたサンプル曲に、作者が勝手に(!)歌詞をつけるという手法によって作られ、その耳に残る曲の出来と、謎のフィット感に満ちた詞の融合によって、えらく完成度の高いものになってしまっていた。
 次にゲームの雰囲気を決定づけたのは、やる気があるのか無いのか良くわからないグラフィックであろう。基本的にはノートの落書きレベルの絵で構成されているのだが、キャラクターの顔グラフィックだけは無闇に巧く、しかもセリフに合わせて口パクするという謎のこだわりまであって、ただものではない予感をひしひしと感じさせる。
 そして何よりストーリーである。ゲームは普通の高校生である「千堂五郎」が遅刻ギリギリで学校に飛び込むシーンから始まるのだが、教室の入口で待ち構えていた不良グループの生徒にいきなり襲われ、危うくなったところを「ヴィナス鉄石」なる人物に助けられるという展開となる。しかしこの「ヴィナス鉄石」のグラフィックは、どこからどう見ても「あしたのジョー」に登場する「力石徹」その人であり(しかも無闇に巧い)、「目が合ったらとりあえず殺せ」というインパクト抜群の発言をしてメインキャラクターの一人かと思わせるのだが、その後のゲーム展開には一切関係がなく、また登場もしない。
 このように、シナリオ展開は終始「その場のノリ」と「キャラクターの使い捨て」によって構成されており、ただものではない予感をひしひしと感じさせる。アドベンチャー部分の謎解き要素も、「無人の教室で焚き火をしてスプリンクラーを作動させる」「警察官の留守中に交番のドアと看板を盗み、それらを組み合わせて橋を作る」など、全くもって意味不明であるが、先の展開が読めないという部分では成功していると言える。
 ちなみに戦闘シーンでは、前述のとおり三択形式のクイズが出題されるのだが、ランダムで「マニア問題」「バグ問題(問題文がバグって読めない)」などが出るとほぼ詰むので注意が必要である。 
 総評としては、受賞時のソフコン編集者のコメントを引用するのが最もわかりやすいだろう。
「世の中の平和をこういった作品からひしひしと感じるよ。タイトルにウソいつわりのない、究極に、おバカなゲームだ。そしてタイトルどおりステキなゲームだ」
「このタイプのゲームのほとんどは、絵のヘタなただのつまらないゲームで終わってしまうことが多い。しかし、この『究極バカげ~む』に関して言えば、バカゲーに必要となる無意味なストーリー、ショボイ絵、不毛な会話がいまく噛み合っていて、合格点をあげられるいいでき栄えになっていたぞ」

 ちなみに作者の西田氏は、雑誌掲載時には21歳と紹介されていたが、これは誤植。当時17歳の受験生であり、ゲームのエンディング時には「次回作は、作者が大学受験のため未定である」とメッセージが流れることから、大学に受かった後に続編を作ろうと思っていたが、その間に雑誌が休刊になったのだと推察することができる。
(余談だが、リメイク版である「究極バカげ~むG1」のエンディングには、「作者達が就職活動のため続編は未定」とのメッセージが表示される)

本編後のストーリー

 のちに作者のHP上で、「究極バカげ~む」はもともと全7話構成だったことが判明した。
 第1話では、主人公「千堂五郎」が無敵の狂戦士「ステキング」に変身する過程が描かれているのだが、エンディングで変身解除が不可能だという事実が明らかになる。(ちなみにステキングは全身青タイツのマッチョ姿。頭のハートマークには「ス」と記されている)
 それを受けての第2話で、ステキング姿への羞恥心から五郎は登校拒否になってしまうが、ヒロイン「山本琴音」のピンチを見かねて学園に赴き、そこで宿敵「カゲキング」に出会うとされていた。
 第3話では、謎のイケメンヒーロー「サワヤカイザー」が登場。第4話では真ヒロインである鬼娘の「未凪」が登場するとされ、第5話では未凪の犠牲をもとに手に入れた「雷帝剣」によって、ステキングはパワーアップ形態である「ゴージャスステキング」に進化する。第6話では世界の終末が始まり、カゲキングは「グレートカゲキング」、サワヤカイザーも「スッキリサワヤカイザー」へと各々進化し、ともに災厄の元凶である大蛇神と闘うとされていた。
 そして最終話「殺し愛」では、ヒロイン「山本琴音」が主人公の実の姉であることが発覚する。さらに大蛇神は実の母であり、五郎の望む世界を作るために一度現世を破壊しようとしていたことが判明。五郎は苦悩しつつも現世を守るために闘い、結果として世界再生の手段を失ったまま、神である母を殺してしまうというバッドエンドに終わる予定だったらしい。
 作者はHP上で、実は「究極バカげ~む」のモチーフは、往年のファミコンソフト「たけしの挑戦状」であることを明かしており、そのエンディングに表れる「例のメッセージ」を「究極バカげ~む」のエンディングに使おうとしていたとも告白している。
 つまり、「究極バカげ~む」はあくまでも「バカゲー」であり、そこにどんなに熱い展開やダークな設定が盛り込まれていたとしても、決して騙されてはいけないと作者は言いたかったようだ。それを踏まえて「究極バカげ~む」のストーリーを良く観察してみると、なるほど「表面上」「熱い展開のような」「それでいて何も考えていないような」描写が散見されるのがわかる。この作品をプレイしていて、もしほんの少しでも心を動かされてしまうようなことがあれば、あなたはまんまと作者の思惑に乗ってしまったということになるのだろう。

リメイク版

 windows対応のリメイク版「究極バカげ~むG1」は、基本的にはMS-DOS版の忠実な移植作となっている。しかしオリジナルから4年の歳月を経て製作されたG1は、確かな技術の進歩を感じさせるような、ただものではないリメイク版となっていた。
 まず、落書きとしか思えなかったグラフィックは完全に一新。随所に3Dグラフィックが使用され、戦闘シーンのアニメーションもぬるぬる動くものに変更されている。
 またサンプル曲ばかりだったBGMも、半数程度は自作のものに変えられており、時代性を感じさせるクイズ問題も開発当時のものに変更された。
 このクオリティーアップの理由は、実質一人で製作していたMS-DOS版とは違い、多人数が製作に関わったことが主たるものだろう。(ただ、MS-DOS版を不朽の名作たらしめた最大の要因であるオープニングテーマが削られたことは非常に残念ではあるが)

作者の動向

「究極バカげ~む」の魅力は、作者の破天荒な後日談にあると言っても過言ではない。
 作者自身のHP上で明らかにされたところによると(現在ではHPは削除されている)、作者は大学進学後、エニックス社の「ドラゴンクエスト フリーシナリオアシスタント募集」に応募し、なんと最終面接まで進出したとのことである。
 あのドラゴンクエストのシナリオライターである「堀井雄二」氏に直接、自分の代表作として「究極バカげ~む」の名をあげ、面接会場を沈黙の渦に叩き込んだことがトラウマになっていると告白していた。
 その体験記である「ドラゴンクエストへの道」には、中二病をこじらせた作者が当時とっていた痛々しい言動の数々がリアルに描かれており、笑いと感動を誘う素晴らしい出来であった。作者の就職を最期にHPが削除されてしまったのは世界の損失と言わざるをえないだろう。

コメント