ピクシブ百科事典

紅鳶捨猫録

べにとびすてねころく

『てにをは』の初音ミクオリジナル曲。


『紅鳶』は鳶の羽のような暗めの茶褐色(鳶色)に紅を足した、濃い赤褐色を指す言葉。
江戸時代に流行し、紅鳶の他に、藍鳶(アイトビ)、紺鳶(コントビ)、紫鳶(ムラサキトビ)など、
様々な茶系色が生まれた。

関連動画

関連タグ

初音ミクオリジナル曲 初音ミク VOCALOID

pixivに投稿された作品 pixivで「紅鳶捨猫録」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 171

コメント