ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

フリーゲーム『青鬼』に登場するキャラクター。
ゲーム中においては唯一の女性キャラ。ver.1.1では「メグミ」という名前だった。
彼女と再会した後、再度話しかけても「卓郎…」としか言わなくなる。そのためpixivでは卓郎の彼女、もしくは卓郎に好意を寄せている、という設定が頻繁に見られる。
青鬼一の不遇かつ不人気・影が薄いキャラである。(特に小説発売以降)

ゲーム版

青鬼1.0・1.1
「メグミ」という名前で登場。

青鬼3.0
茶髪のセミロング。セーラー服を着用。
寝室に隠れている。たけしに「一番足が遅い」と言われていたが、実際はかなり速い。
有名な「ブルーベリーみたいな色をした全裸の巨人」発言はこの時のもの。

青鬼5.0・5.2
容姿は3.0と同様。
子供部屋に隠れている。再会した時に会話内で選択肢が発生するが、
どんな答え方をしても彼女はついてきてくれない。
卓郎への依存が一番酷く、ひろしが出口を見つけたと彼女に報告しても
「冗談じゃないわ!化け物のいる館を歩き回るなんて」とキレるのに対し、
卓郎に報告されると「わかったわ!」と素直に応じて同行する。

青鬼6.0・6.1・6.23
目つきが鋭くなっている。

小説版

髪型はポニーテール。服装はキャミソールとコートにショートパンツでニーソックスとゲーム版とは全く異なる容姿をしている。
陸上部に所属していた為、足がそれなりに速い。
卓郎のいじめに加担はせずに彼の近くで見てるだけの傍観者だが、『怨霊編』で直樹にその事を指摘された際に気まずい表情をしていた為少なからず罪悪感はあった様子。

無印
卓郎に好意を抱いている美少女だがそれ以外の人には気の強い態度で接する。一方で寂しがり屋という一面を持つ。
物語終盤で卓郎に口封じで殺されそうになるが、その前に彼が喰われたため助かる。その後、追ってくる青鬼からひろしとシュンを助けるため怪我を押して囮になる。

復讐編
前回と同じ形で登場。卓郎に付いていくままジェイルハウスの中へ入っていく。自分の前でだけ卓郎は偽りの自分を作らないため、そんな彼に強い愛情を持っている。
物語中盤で青鬼に襲われた際に卓郎に見捨てられる形で彼とはぐれてしまった。

異形編
物語序盤で青鬼に襲われて捕食される。
その後は青鬼が化けた姿で登場する。

怨霊編
彼女と杏奈にスポットが当たった回。
青鬼化後も卓郎とともに行動している。卓郎を守りたい彼女と正に対を成す形で直樹と結託して卓郎を殺したい杏奈との対話、衝突を経て彼女も大きく成長していく。

関連イラスト

美香鬼
ハッピーバレンタイン! ~このリア充どもめ★~



関連タグ

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「美香(青鬼)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 24068

コメント