ピクシブ百科事典

赤いクレヨン

あかいくれよん

この話は、「怪談の完全創作」を趣味の一つとしているタレントの伊集院光が、1997年頃に山田邦子のしあわせにしてよ内の怖い話企画で発表したものである。

この話は、「怪談の完全創作」(体験談ではない、なお伊集院は幽霊や霊能力といった類の実在には非常に懐疑的)を趣味の一つとしているタレントの伊集院光が、1997年頃に山田邦子のしあわせにしてよ内の怖い話企画で発表したものである。
この話を聞いた視聴者の中に、自分の体験した恐怖体験として雑誌投稿などをする者が現れ、やがて「友達の友達の体験」といった口コミに尾ひれがついて拡大して行き、次第に都市伝説として定着していった

あらすじ【※閲覧注意】


ある夫婦が、かねてより夢であった一軒家を購入した。
中古物件ではあったが、ほとんど新築同然で、しかも破格値であったため、一も二もなく手に入れたものだった。

ある日、廊下に落ちている赤いクレヨンを見つける。
夫婦には子供はなく、家に誰かが入って来た形跡もない。

その時は気に留めなかったが、同様の怪異が次々と起こるに至り、夫婦はこの家について調べ始める。
その結果、この家には、もうひとつ部屋があってしかるべき空間があることが判明する。

意を決した夫婦は、その「隠された部屋」周辺の壁紙を剥がす。

するとそこには、釘打ちされた扉があった。恐る恐るその扉を開けると、何も無い部屋が。

しかし、その部屋の壁一面は、びっしりと赤い文字で埋め尽されていた。


 おかあさんごめんなさいおねがいだして 



おかあさんごめんなさいおねがいだしておかあさんごめんなさいおねがいだしておかあさんごめんなさいおねがいだしておかあさんごめんなさいおねがいだしておかあさんごめんなさいおねがいだしておかあさんごめんなさいおねがいだしておかあさんごめんなさいおねがいだしておかあさんごめんなさいおねがいだしておかあさんごめんなさいおねがいだしておかあさんごめんなさいおねがいだしておかあさんごめんなさいおねがいだしておかあさんごめんなさいおねがいだしておかあさんごめんなさいおねがいだしておかあさんごめんなさいおねがいだしておかあさんごめんなさいおねがいだしておかあさんごめんなさいおねがいだしておかあさんごめんなさいおねがいだしておかあさんごめんなさいおねがいだしておかあさんごめんなさいおねがいだしておかあさんごめんなさいおねがいだしておかあさんごめんなさいおねがいだしておかあさんごめんなさいおねがいだしておかあさんごめんなさいおねがいだしておかあさんごめんなさいおねがいだしておかあさんごめんなさいおねがいだしておかあさんごめんなさいおねがいだしておかあさんごめんなさいおねがいだしておかあさんごめんなさいおねがいだしておかあさんごめんなさいおねがいだしておかあさんごめんなさいおねがいだしておかあさんごめんなさいおねがいだしておかあさんごめんなさいおねがいだしておかあさんごめんなさいおねがいだしておかあさんごめんなさいおねがいだしておかあさんごめんなさいおねがいだしておかあさんごめんなさいおねがいだしておかあさんごめんなさいおねがいだしておかあさんごめんなさいおねがいだしておかあさんごめんなさいおねがいだしておかあさんごめんなさいおねがいだしておかあさんごめんなさいおねがいだしておかあさんごめんなさいおねがいだしておかあさんごめんなさいおねがいだしておかあさんごめんなさいおねがいだしておかあさんごめんなさいおねがいだしておかあさんごめんなさいおねがいだしておかあさんごめんなさいおねがいだして











因みに、この都市伝説をモデルとしたボカロ楽曲が存在する。
【初音ミクオリジナル】クレヨン

pixivに投稿された作品 pixivで「赤いクレヨン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 96466

コメント