ピクシブ百科事典

目次[非表示]

この項目は物語の根幹ネタバレの為、未試聴者は閲覧注意



















































概要

赤い木



「ヴォァヴォァヴォァ…」

「ヴォァヴォァヴォァヴォァヴォァ!!」

赤い木とは、アニメ『ケムリクサ』の世界を崩壊させた原因である。
十島の3Dプリントされた新宿駅からやや離れた"沖合"にそびえ立つ巨木であり、その根は八島・九島を広範囲に覆っており七島のすぐ傍にまで達している。

元々はりりが『星の文化財のコピー保存作業』をしているワカバの過労を案じて作った、ケムリクサの働きを抑えるケムリクサであった。
つまり優しさの産物なのである。
だが、『自律のムラサキ』と『ずらして作った新しい色』の所為なのか、結果として生まれたのはケムリクサを機能停止させ続けるケムリクサであった。
尚、『修復と調律のミドリ』によって働きが止まることから、動作異常または暴走状態にあることが推測された。

劇中では上記の様に「ヴォァヴォァ」と鳴いているのだが、ある視聴者曰く「ワカバ」「ワタサナイ」と言っているように聞こえたとのこと…。

形状と能力

遠くから見ると刺々しく歪な尖塔といった趣で、一般的な樹木のイメージとはかけ離れてはいても、まだ植物の様に見えたのだが、本体部分は肋骨と同じ数の襞と腕のように見える二本の動く太い枝がある為、『頭が無い人間の上半身骨格標本』にしか見えないという異形そのものの見た目である。
似た植物を強いて挙げるとしたらモウセンゴケだろうか。
ちなみに生長する前の"アカの葉"の状態ではウスイロに似た形状をしている。ウスイロのモデルは蓬とされていることから、"アカの葉"のモデルは鳥兜という説もある。

経緯は不明だが恐らくムシを取り込んだと思われ、外敵を排除する為の機能として軍事兵器もかくやという戦闘力を有する。
はっきり言ってソロプレイで撃破できる相手では無い。

  • 赤霧の噴出
根からケムリクサでプリントされた物体を分解する霧を噴き出す。
りつ曰く、ケムリクサには固有の音があるらしい事、赤霧はノイズを伴なう事から、この霧は微細なケムリクサの可能性がある。
また、無害なムシのプログラムを書き換えアカムシにしてしまうことも可能。
  • アカムシの産出
アカムシを直接産み出すこともできる。
  • 根の転送
わかばの腹を貫き、視聴者に11話ショックを引き起こさせた能力。
何もない地面から根を出して攻撃する。地中を通しているのか空間を歪めているのかは不明。
  • 赤霧噴霧鉄球
"右腕"に付いている、建物解体用鉄球を思わせる鉄球。着弾をスイッチとして高濃度・大量の赤霧を噴霧する。りくが既知であることを示唆していることから、前回遠征時に戦ったヌシと同じものと推測される。
作中描写を見る限り着弾しないと霧を出せないようで、振り回す分には只の鈍器になってしまうようだ。
  • 熱線砲
"左腕"に付いている、空橋のヌシが装備していたものと同型の武装。根本にコアパーツ・連射回数に制限有りと弱点も同じ。
  • 防壁
『防御のアオ』に似たハニカム構造の壁を展開する。但しこちらは透明。
りょう曰く「普通じゃない壁」らしいので、アオの防壁とは性質が異なるものと思われる。
  • 唐草模様の赤黒い枝
ぬるぬると動く枝。詳細不明。地面が、接触したときにまるで抉られたように消失してしまったことから、赤い木の中でも特に抑制力が強い部位だと思われる。
  • 操作ブロック
外部からの操作を撥ね付ける能力。わかばが2度目に操作しようとしたとき『禁』の文字が浮かび上がった。

顛末

多彩な能力を駆使してわかばとりんを分断し追い詰めたのだが、りんが"自分の本当の好き"に気付き叫んだ瞬間に現れたりょう達によって攻撃手段も防御手段も破壊され、丸裸になった所をりんによって『ミドリちゃんの核枝』を突き立てられ、その機能を停止し-或は暴走状態が止まり-幹も根も崩壊することとなった。

尚、赤い木の消失によって"船"の機能も回復したとの事

関連タグ

りり(ケムリクサ) ワカバ(ケムリクサ)
りん(ケムリクサ) わかば(ケムリクサ)
りょう(ケムリクサ) りく(ケムリクサ) りょく(ケムリクサ)
デビルガンダム:善意の被造物が災厄と化してしまった点が共通。相違点はDGには悪意が介入している事。

以下、おぼろげながら共通点を感じさせるタグ
水蛭子:夫婦神の最初の子で(人体の構造上)不完全な体であった。
迦具土神:夫婦神の片方を殺してしまった子。火の神であり首を刎ねられている。

関連記事

親記事

ケムリクサ(アイテム) あいてむとしてのけむりくさ

pixivに投稿された作品 pixivで「赤い木(ケムリクサ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1322

コメント