ピクシブ百科事典

ケムリクサ(アイテム)

あいてむとしてのけむりくさ

ケムリクサ(アイテム)とは同名のアニメーション作品内に登場するアイテムの名称である(イラストでりんが咥えている及び背景にある葉状のもの)
目次[非表示]

概要

本作の世界の中に存在する、輪郭と葉脈が発光する半透明の植物の葉のような物体の総称。
名付けたのは姉妹のうちの誰かと思われる。名前の由来は不明。
なお、発光は採取後に時間経過で失われる。

複数の種類が存在しており、それぞれ異なる性質や能力を秘めている。

5話までで確認されている限りでは「ミドリ」と「キイロ」は木から生えてくるが、それ以外は地面から直接生えている。生えるために土は少量もしくは不要と思われ、コンクリートやアスファルト、ジェットコースターのレールにも生えていた。いずれも高所であり、赤霧の滞留性と合わせて考えると、ケムリクサは赤霧を避けて生える性質があると推測される。

種類によっては成長と存在の維持に水は不可欠であり、寿命もあるようで第5話と第6話でこれまで使ってきた「アイ」が弱っていく様が描かれ、最終的には消滅している。

ケムリクサは何が起こるかわからないため、姉妹たちは「ミドリ」以外は食べない。

自主制作アニメ版

同人版ではりんが携行しているタバコ型の道具。姉妹の拠点に置かれている「木」を原料として作られており、口に咥えることで外傷を治癒したり紅霧の中でも行動できるようになる。赤虫たちにとってはこの上ない毒でもあり、彼らへの対抗手段(武器)としても使用される。
紙煙草のような形状をしており、味もわかば曰く「水気の多いタバコ」であるらしい。

2019年版では下記の葉っぱをそのまま利用するという形式に変更された。TVの放送規制の為と思われる。

種類

  • ミドリ(緑)
どうなるケムリクサ


りつが「ミドリちゃん」と呼ぶ小さな木から生み出す緑色の物(作中でケムリクサと言えば大抵これを指す)。
この緑が持つエネルギーがアカムシに対して非常に有効であるため、りんはこれを体内に取り込んでそのエネルギーを身体に纏ったり、放出したり、あるいは剣といった武器に変えたりするなどして様々な形で虫との戦闘に活用している。
姉妹達が食べることができる唯一のケムリクサ。

  • キイロ(黄色)
常に黄色く発光している銀杏型のケムリクサ。
一島の廃墟内に残っていた木に生えており、他と異なり採取後も長時間発光を続ける。
姉妹が定期的に採取して拠点を照らす照明として利用しているが、りん以外は色の認識に難がある為なのか採取は主にりんが行っているようだ。
日清とのコラボCMではおそばの上に浮かべて「月見そば(りなはキイロを使っているのでキイロそばと命名)」を作った。ミドリ以外のケムリクサは食べない筈では・・・。食事シーンは汁を啜っているところしか映っていないので単なる添え扱いでキイロは食していないのだろう。
ある方法(後述)で出力を上げると、巨大な蛍光管の様な見た目になり、光量も増える。

  • アイ(藍)
藍色の金魚葉椿に見えるケムリクサ。
水の場所を探知できるという性質から、遠征の際には金魚鉢に入れられて水場の探索に用いられている。
新鮮なものは水に入れると泳ぐ、跳ねるなど、本当に魚のような挙動を見せる。

  • モモ(桃)
文字通り桃の葉に似たケムリクサ(肉桂の葉に似ているという声も)。
りなが体内に取り込んで分身するために使っているらしい。

  • ウスイロ(薄色)
白い蓬の葉に似たケムリクサ。
独特な香りがするとされ、わかばは普通に食べることができるが、姉妹は混ざる可能性を危惧して食べようとしない。
後にわかばがこれの一株を電車内に持ち込んで栽培しはじめるようになる。

  • ダイダイ(橙)

りつ姉


表面が唐草模様の長方形の葉という現実でも見られないような形状のケムリクサ。
文字や画像を記録できる情報媒体のような性質を持っていると考えられ、かつてりょくが遺物調査の際に使用し、りつを通じてわかばへと譲渡された。
ウルトラジャンプ連載の「わかばメモ」は後日、このケムリクサを使いこなせるようになったわかばが自ら記録したものという設定で描かれている。

  • アオ(青)

わかばと


青い柊黐の葉に似たケムリクサ。
これまで姉妹には使えなかったことから彼女たちには無視されていたが、わかばが採取した後に短い時間ながら発光した。
その後、わかばが効果の発動に成功し、その際にはヌシのビームすら防ぐ強力な六角形状のシールドを展開した。
各島を区切る壁と感触が似ているらしい。

  • 黄色い笹(仮)
六島のトンネルに生えていたケムリクサ。
用途は不明。

  • キミドリ(黄緑)
細長いシダの葉、或はオジギソウに似た形状のケムリクサ。
放電現象を起こせる。日清とのコラボCMや11話では湯を沸かす為に使われた(IHヒーター?)。
作中で名前を呼ばれることが無く、2019/5/31のプレシャスメモリーズ『ケムリクサ』先行公開にて初めて判明した。

  • マゼンタ(仮)
姉妹たちの核になっていると思しきタンポポの葉に似た紅いもの。
これが無事であればダメージを負っても死亡することはないらしい。

  • 楓(仮)
本編未登場でED映像に一瞬映る。
映像の内容から”さいしょのひと”と関係があるようだ。

  • 白(仮) あるものの核になっているケムリクサ。

関連タグ

ケムリクサ
りん(ケムリクサ) りつ(ケムリクサ) 
りな(ケムリクサ) わかば(ケムリクサ)

※ここより先はケムリクサ中盤以降の内容に関わるので閲覧注意




























アカムシとケムリクサ
空橋でのヌシとの戦闘に於いて、アカムシはケムリクサに反応して襲いかかるという事が判明した。
ケムリクサを優先して狙っているのか、ケムリクサだけを狙っているのか断定はできないが、
・りなよを助けに行った時のわかばは襲われなかった(1話)
・りなよを抱えた状態のわかばは襲われた(1話)
・青いケムリクサをポケットに入れていたわかばは襲われた(2話)
以上の事が偶然ではないと考えると、5話時点では後者の可能性が高いと思われた。
その後、アカムシの発生原因と由来が明らかになり、ケムリクサに反応する理由も判明した(後述)。

「ミドリ」の効果
「ミドリ」は“アカムシに対して毒として働く”と姉妹たちは考えていたが、1・2話でわかばの傷が治り、5話で折れた鉄柱や損傷および変形した電車の車軸まわりが直ったことから、「ミドリ」の効果は損傷した物を修復・復元することである事が分かった。
この事実は、同時にアカムシに対する認識を変えざるを得なくなる可能性を示唆しているが、その事に気付いている者は彼のみである。
11話では成分を吸引して身体機能を調律する様と、タバコ臭いから止めてと懇願する様が描かれた。つまり「ミドリ」はニコチン・タール臭がする事が判明した。

「モモ」とさいしょのひと
りな曰く、さいしょのひとも「モモ」を使って増えていた。なおこれが姉妹たちの誕生である「分割」のことを指すのかは不明。

ケムリクサの使い方
わかばが六島の地下街廃墟で出会った者から教わった所によると、
押す
②更に強く押す
そのまま指を滑らせる
④円が複数表示されるので、目的に合った円を選ぶ(通常動作、出力調整、ロックetc)
…明らかに何かに似ている。
「りくが一番巧かった」「わかばにしか使えない」と言われる理由は『②更に強く押す』に依るところが大きい。というのも力加減には触覚が必要だからである。ピンとこない方も、腕枕などの圧迫で痺れた手指で似ている何かを強く押す動作ができるかどうか想像してみれば納得できるはず。

ダイダイの中身
りょくが書いた大事な事:世界の事・姉妹の体の事、ケムリクサの事、水の在り処の手がかり
あまり大事ではない事:雑記(姉妹に関することばかり。大事な事に付随する形の物が多い)
そして-”さいしょのひと”の遺言と思われる記述。


一島から七島まで各島を覆っていたという壁の内、七島の中心部にはそこを囲う壊れていない壁の存在が確認されている。
この壁はりん達に破壊されそうになった際に“青い霧”を吹き出し周囲の虫達を”アオムシ”化してりん達を襲わせるという反応を見せている(その直前に壁一面に『警』の字が浮かんだので警戒モードに入ったと推測される)。
わかばはこの壁に触れた際にケムリクサと同様の反応を感じ、操作を試み、六角形上の出入り口を開けた。
りょくはケムリクサの一種と推測していた。しかし、りくには操作が出来なかったようだ。
また。「アオ」は色と触った感触が似ており、シールドと出入り口が同じ形状であるなど関連が推測されたが、11話にて同じものであることが明示された。同時に、全ての壁はある人物たった一人を守る為に張った盾であることも分かった。

本体の使用
前回遠征時、“壁”を穿つ為に6人掛かり(しかもりょうの活躍が大きかった)だったのが、今回穿つ作業に使えるのは実質4人、壁は今までのよりもっと分厚いので力の不足分を補うべくりんが口にしたのが「本体の使用」であった。
間違いなく核となっているタンポポ似のケムリクサの事であり、りつの慌てようから察するに命を削りかねないほどに負担がかかる行為と考えられる。
明言はされていないが、一島で水を守る為にりなこが本体を使用した可能性がある(根拠は最期と思しき瞬間に激しく発光していた事)。

巨大な「ミドリ」
六島の地下でその根が発見された。その太さは優に電車を上回るほど巨大。
りつが調べてみたが既に枯れており動かすことはできなかった。
しかし「ダイダイ」の情報を頼りに根を辿ることでりん達は七島へと辿り着いた。
七島の中心に聳え立つその幹はまるで世界樹かの如く極めて巨大で天をも衝かんばかりである。多数の根は七島全域を覆い、更には六島にまで空中を渡って伸びている。その上を電車で悠々と歩くことができるほどに太く丈夫で、街灯や道路標識等が立っていたり何かの残骸が転がっているなど文明の痕跡が点在している。
殆ど枯れてしまっているようで「ミドリ」の葉は生えていない。他の色は生えているが他の場所にも自生している種なのでこの「木」の葉ではないと思われる。
木の周辺には赤霧が全くないためこの「木」の影響が考えられている。
また、周辺の水をすべて吸い上げていると推測されており、実際に幹の洞穴には膨大な量の水を湛え、更にそこには尽きることが無いほどに水が流れ込み続けている。
状況証拠から、その正体はある人物の成れの果てとみて間違いない。

赤い『木』
十島の"沖合"にある巨大な『木』。その根は八島・九島を広範囲に覆っており七島のすぐ傍にまで達している。
自ら動く、赤霧を吹き出す、根からアカムシを産み出す、切られてもすぐに復元するなど、「ミドリちゃん」同様超常の存在である。ここから誕生したアカムシは七島から延びる巨大な「ミドリ」の根を食い荒し続けており、いずれ七島の水源までも崩壊させるだろうと予測されている。
また、アカムシと同様にケムリクサに反応する性質を持ち、ケムリクサが近づくとアカムシを生み出したり直接根で攻撃を仕掛けてくる。
りょくが予測していた安全でないケムリクサの存在を裏付ける存在である。元々は別種のケムリクサの働きを抑制する筈の物だったが、製作者の想定以上の働きを示してしまった。
第10話でついに幹を拝むことが出来たが、その姿は自立行動する刺々しく歪な尖塔といった趣で、一般的な樹木のイメージとはかけ離れた物であった。

BWEとケムリクサ
十島の"沿岸"まで根を伸ばし、バケットホイールエクスカベーターを支柱にして生えるケムリクサの木。りん曰く「初めて見る色」で、葉の形も今まで見てきたものとは異なる。
その正体は「牽引機能付きの飛行船」で、BWEの残骸を基本フレームとして、青白いケムリクサで浮遊、現在は枯れてしまった紫のケムリクサをワイヤー・BWEのバケット部を滑車代わりにして牽引機にしている。

ケムリクサの組み合わせ
別色のケムリクサは、色を合わせる(混ぜる?)ことで一つにすることができる。
一つになったクサは上(先端側)の機能がメイン、下(茎側)がサブとして働くらしい。
各クサの働きを部分的に制限することで疑似的なプログラミングをする事も可能。
『赤い木』や彼女が自身を分割するのに使ったクサはこの方法で作られた"新品種"であった。

ケムリクサの正体

ケムリクサの正体は、地球外存在が扱う多目的ガジェットである。バイオ工学の産物なのか、強い生物的要素と発展性を持ち合わせ、地球の植物に似た特徴を有している。

正方形の板状の"種"の状態で保管、適した土壌に植える(置くだけで良い)ことで発芽、水を与える事で木へと生長する。
地球の文明の成果を転写しているのも(印刷用の)ケムリクサの働きで、3D印刷の樹脂に当たる物もまたケムリクサである。ちなみに、"私的資料集"によると姉妹たちが移動拠点にしている市電車両はスキャンが不十分だった為に半分の状態になっているらしい。

白いムシにケムリクサの成分を噴霧して、大まかな行動パターンを入力することもできる。その際、モニター画面を有する個体は「カンリ イロ ケンシュツ」と表示する。
作中で描写されたのはアカとアオで、アカは"ケムリクサの機能停止"、アオは恐らく"保全と保護"と思われる。尚、ムシ達はケムリクサによる入力より、ヒトによる口頭命令を好む。

一方、地球外存在でも100%扱いきれている訳ではない一種のオーバーテクノロジーでもあり、専門家曰く、修復と調律用のミドリと食用のウスイロ以外を人体に使ってはいけないとのこと。
怪我するだけならまだマシな方で、その専門家が知っている範囲でも

  • 肉体の部分的変質(姉妹の異能はこれの所為と思われ)
  • 記憶の消失
  • 脳内の全情報の複製(事実上の同一人物複製)
と、洒落にならないインシデントが起きている。言及はしなかったが死亡のケースもあっただろう。

初期案では葉の形ではなく、「内部に環があり粘土の様な可塑性のある透明な物体」であったようだ。千切って増やすこともできるらしい。

関連記事

親記事

ケムリクサ けむりくさ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ケムリクサ(アイテム)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 142267

コメント