ピクシブ百科事典

すう

鄒は、中国の後漢末期・三国時代に登場する女性。鄒氏とも呼ばれる。
目次[非表示]

概要

董卓軍武将・張済の正妻張繍の叔母。

絶世の美女とされているが、どれほど美しかったかは不明である。

196年に夫が戦死すると甥の元に身を寄せる。翌年に張繍が曹操に降伏すると、
曹操に見初められている。

この事を聞いた張繍は「叔父の妻に手を出すとは、愚かな者だ」と激昂し、賈詡の策を聞き入れ曹操への奇襲を行った。
この奇襲で曹操は大敗する上に子の曹昂、甥の曹安民、側近の典韋を失い、曹操は曹昂の育て親にして正室の丁夫人は号泣され、その上離縁されてしまう。

その後の鄒氏の行方は不明。

登場作品ごとの鄒

コーエー三國志シリーズ

ⅨのPS2PK版チャレンジシナリオ「南陽攻防戦」のイベントで初登場。同シナリオをクリアすると新武将枠として登場する。(PSPPK版は一般武将枠での登場。)

主にに次いで知力と政治が高いが、同チャレンジシナリオの「後継者争い」をクリアすると追加される甄氏を入れた場合は下位互換となってしまう。

11では魅力が追加されたものの、やっぱり3人に劣る始末(他の3人は90台の魅力持ち)。また初登場の9から一貫して197年没に設定されているので注意。

9〜11は特に何も無い普通の顔グラであったが、12のグラフィックは胸元がはだけた物となっている。

三国志大戦

カードは3枚存在しており、3枚全て舞の計略持ち(011は苦楽、039は堕落、058は妖毒)である。またUC039の鄒の絵師は『ユリア100式』の萩尾ノブト氏である。

またノブト氏は三国志大戦のプレイ動画をアップしている事も付け加えておく。→ダメな子の鄒氏を使ってみる 1式

蒼天航路

脱出の足枷になることを恐れた曹昂により、曹操の目の前で斬られた。

三国志パズル大戦

絶世の美女



真・三國無双シリーズ

真・三國無双ブラストで甥の張繍と共に無双武将となっている。

関連イラスト

鄒
背徳の百合



関連項目

三国志 曹操 張繍

pixivに投稿された作品 pixivで「鄒」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11337

コメント