ピクシブ百科事典

防衛軍(ウルトラマンコスモス)

ぼうえいぐん

ウルトラマンコスモスに登場する組織にして実写特撮のウルトラシリーズでは史上初となる、ウルトラマンと敵対する組織である。
目次[非表示]

概要

ウルトラマンコスモスに登場する防衛組織。正式名称は「統合防衛軍」。
物語の前日譚である劇場版1作目から既に登場している。

一応、名前はいいように聞こえるが、怪獣が出現すると町の被害はお構いなしで容赦なく攻撃するなど正義のためとはいえ過剰な攻撃を行う、タカ派組織でもある。

また、怪獣用の細菌兵器を設計していたり(ゴルメデβやマザルガスの回)、侵略兵器であったヘルズキング対カオスヘッダーや怪獣用の兵器として用いるなど倫理観が著しく欠如している。

特に劇場版第1作では未遂とはいえウルトラマンコスモスに攻撃を加えようとしたり、マザルガスの回では組織の保身のためにマザルガスを殺害するなどの蛮行を行った。

そういったいきさつから、SRCとは当初は激しく対立することも多かったが、徐々に対カオスヘッダー打倒の為に共同戦線を張ることも多くなり、終盤では優秀なパートナーとして描かれることが多くなっていった(特に、ワロガとの共同作戦は必見)。

カオスヘッダーの脅威が去った後も組織は存続しており、劇場版2作目では新たに就任した司令官と副司令官が登場。3作目『ウルトラマンコスモスVSウルトラマンジャスティス』ではグローカー軍団に対して戦闘機潜水艦からの対空ミサイルで攻撃を加えるも、大した戦果を上げることはできなかった。

構成員

主要人物

佐原司令官
演:須藤正裕
防衛軍のトップである最高司令官。
自らEYESと連絡を取り、怪獣対策を巡って対立することもあるが決して冷酷非情な人物ではなく、EYESの実力を評価しており、一度統合を持ちかけてきたこともあった。
消極的な性格だがヘルズキング改建造時はムサシと一対一で対話する機会を設け、自分たち防衛軍が背負っている地球防衛という責任と、ウルトラマンに頼りすぎている現状を語り、ウルトラマンの負担を少しでも減らせるならば喜んで悪魔とも手を組むという自身の決意と覚悟を話し、ムサシの意見を理解しつつ反論することなく聞き入れた。
ヘルズキング改暴走事件後カオスキメラの完成をきっかけにEYESと共にカオスヘッダーと戦う事を決意し、最終回ではカオスダークネスに向かう怪獣達の様子を察知し、攻撃を一旦中止させた。

宍倉副司令官
演:大城英司
防衛軍副司令官。
攻撃的なところはなく、柔らかな物腰の穏やかな性格。

西条武官
演:奈良坂篤
佐原の副官。
非情に攻撃的な性格で、理由は不明だがEYESのヒウラキャップと何らかの因縁を持っている。
怪獣保護に否定的な考えを持っており、ゴルメデβ出現の原因を作ったりマザルガスにダビデス909を打ち込んで殺害しカオスマザルガスに変えるなど事態の悪化や作戦の失敗を責められることも多い。

ナガレ・ジュンヤ
演:正木蒼二
怪獣殲滅兵器開発チーム「ガルス」のメンバーで西條の片腕。

石井隊員
演:石井浩
防衛軍特殊部隊チーフ。諜報活動が得意。

イヌガイ司令官
演:嶋田久作
劇場版に登場した司令官。
異星人との協力関係に否定的で、ギャシー星人の地球追放を提案し、デラシオンの地球リセットにも教皇的な姿勢をとった。

ヒジカタ参謀
演:大滝明利
劇場版に登場した副司令官。
直接実戦の指揮を執るが冷静で物解りのいい男。

シャークス

劇場版第一作に登場。
防衛軍内のエリート部隊で、軍内部でも突出した権力を持っている。
シゲムラ参謀
演:渡部いっけい
シャークスの隊長。

メカ

  • 防衛軍戦闘機

攻撃性を重視した戦闘機。改良型のJKも存在する。
武器はバルカンとミサイル。

防衛軍戦車部隊「ベンガルズ」が使用する戦車。滑降砲が付いている。

  • バーニングミサイル
怪獣イフェメラに使用された大型ミサイル。巡航ミサイルに似ているが障害物をレーザーで破壊できる。

  • 軍事衛星アンジェリカ
数年前に「地球平和宣言」で宇宙に放棄された軍事衛星。完全に解体されておらず機能が生きており、ミゲロン星人の宇宙船を誤射してしまった。

  • 大型ミサイル
地球への衝突ルートを辿る遊星ジュランを迎撃するために用意された。

  • ダビデス909
防衛軍に所属していた時代のハズミ教授が偶然生み出した研究を西条が完成させたミサイル兵器。
打ち込んだ際の衝撃で怪獣の細胞を一つ一つ破壊し死に至らしめる。

  • シャークスジェット
シャークスが使用する戦闘機。デルタ翼のF-86Fに似た形状。

  • 指令車
シャークス部隊の指令を行うライトバン。

兵員輸送に用いられる輸送車。

  • 防衛ミサイル
司令車からの遠隔操作で発射されるミサイル。

関連タグ

ナイトレイダー:同じくウルトラシリーズの非人道組織。倫理観の欠如に関しては同等だが、こちらは敵全てが、コスモスのそれとは比べ物にならないほど凶悪なので致し方ないともいえる。
ウルトラ警備隊:平成ウルトラセブンでは防衛軍やナイトレイダーよりも酷い行為を行っている。

人類軍蒼穹のファフナー):上記三組織と結成理由はさほど変わらないものの、凶悪度は芋虫ティラノサウルスほど違う

コメント