ピクシブ百科事典

韓国するな

かんこくするな

「韓国するな」とは、仁川アジア大会がきっかけで生まれた言葉「Don't Korea」の和訳で、「インチキするな」の意味。
目次[非表示]

概要

ことの発端となったのは、2014年に大韓民国仁川広域市で開催された、アジア競技大会(仁川アジア大会)であり、各競技における判定などに度々八百長疑惑が噴出し、多くの問題が発生した。

例を挙げるとキリがないが、代表的なものは以下の通り。

  • 男子バドミントンの団体準々決勝における日本代表チーム対韓国代表チームの試合において、日本代表チーム側がおかしな向かい風を受けて逆転負けした(他国からみても不自然だったほか被害も見られた)。後にこの出来事は神風バドミントンと揶揄された。
  • 男子レスリングにおける韓国代表選手対イラン代表選手の試合にて、中盤まで優勢にポイントを取っていたイラン人選手に審判団から抗議が入り結果韓国側に大幅加点されて韓国が逆転勝ちとなった(イランは不可解なジャッジに選手団が整列を拒否した)。
  • 男子ボクシングのバンタム級において、モンゴル代表選手対韓国代表選手の試合において、防戦一方で流血までしてフラフラだった韓国選手がまさかの判定勝ちとなった(このため朝青龍Twitterで激怒した)。
  • 女子ボクシングのライト級における韓国代表選手対インド代表選手の試合では、韓国人選手相手に優勢だったインド人選手がなぜか判定負けした(インド人選手は表彰式でメダル受け取りを拒否。自分の銅メダルを韓国選手の首に掛けてやったという)。
  • 男子サッカーでのタイ対韓国の試合において、ハンド疑惑やペナルティエリア外でのファールでPKとなったりなど、タイ本国でも抗議が起こり、韓国の八百長を揶揄する動画が製作・投稿され話題となった。
  • 更にそのタイの反発を見て逆ギレした一部の韓国人が、タイ王室のラーマ9世ことプミポン国王陛下を侮辱する画像をSNS投稿するなどしてタイ人を挑発し、それらがタイ人の間で拡散されタイ国民の嫌韓感情を強くし「韓国なんていらない」との声があがっている。

などなど。

これらの多くの問題が発生したことから、世界各国より「不正をするな」「インチキするな」の意味合いが込められた「Don't Korea(韓国するな)」という造語が誕生することとなった。

関連動画

韓国に抗議したタイより製作され、動画サイトに投稿された仁川アジア大会における韓国の八百長を揶揄したが収録された動画。
歌のタイトルは『我らがオッパ(兄貴)、万歳』


関連タグ

アジア大会 スポーツ
仁川アジア大会 韓国(大韓民国)
八百長 インチキ OinK

コメント