ピクシブ百科事典

12400系

いちまんにせんよんひゃっけい

近鉄特急サニーカーの車両。ここでは派生形式の12410系、12600系も解説する。
目次[非表示]

スペック(全車共通)

車体材質普通鋼
車体幅2,800mm
全高4,150mm
電気方式架空電車線方式(直流1,500V)
設計最高速度160km/h
営業最高速度120km/h
起動加速度2.5km/h/s
減速度(常用)4.0km/h/s
減速度(非常)4.5km/h/s
制御方式抵抗制御
主電動機三菱電機 MB-3127-A(出力180kw)
駆動方式WNドライブ
歯車比3.81(80:21)
制動装置発電ブレーキ併用電磁直通ブレーキ HSC-D 抑速ブレーキ
保安装置近鉄型ATS
電算記号NN


12400系

近鉄特急12400系サニーカー(新塗装)


12200系の改良型として1977年に登場した。当初は12200系12257~12259編成を名乗っていたが、30000系ビスタカーの構想が取り入れられており、変更点が多かったことから12400系へと形式称号が変更された。
4両編成3本、計12両が在籍。全車が明星検車区に所属している。行先表示装置は全車3色LED。

12410系

近鉄特急12410系サニーカー(新塗装)


1980年に登場した。登場当初は3両編成で、東海道新幹線への乗客の流出により需要が激減し、当時の名阪特急は2両編成での運用が多かったが、国鉄の運賃値上げの影響で近鉄に乗客が戻ってきて定員を増やす必要があった。のちに4両編成になり、現在に至っている。
12400系との変更点は、尾灯、種別灯の形状変更、パンタグラフを1両あたり2基から1基に削減、電動空気圧縮装置の変更などである。
4両編成5本、計20両が在籍。NN11~NN14編成が東花園検車区に、NN15編成が富吉検車区に所属している。行先表示装置は東花園車が3色LED、富吉車が赤幕となっている。

12600系

近鉄特急12600系サニーカー(新塗装)


老朽化していた京伊特急用の18000系を置き換えるために1982年に登場した12410系の改良型である。導入当初から4両で登場したため、12600系となった。
4両編成2本、計8両が在籍。導入当初は西大寺検車区に所属していたが、現在は富吉検車区に所属している。行先表示装置は全車赤幕となっている。
12410系との差異は、座席配置および窓配置の違いなどである。
2017年8月下旬に当形式のNN52編成が京都線橿原線系統に貸し出され、久々の運用を果たしていた。

改造など(全車共通)

全車が新塗装化の対象となっているほか、内装材の老朽化が目立ってきたことからB更新工事が順次行われている。また、それと併せて分煙化対策のため、ク12500、ク12510、ク12700に喫煙室を併設する工事が行われている。また、最近ではNN14編成を皮切りに座席表皮および詰め物の更新が行われている。

関連項目

近畿日本鉄道 近鉄 近鉄特急 サニーカー
12200系 12410系 12600系

pixivに投稿された作品 pixivで「12400系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 244

コメント