ピクシブ百科事典

Beginning_of_the_toilet

びぎにんぐおぶざといれっと

brackhornet氏による『オナニーマスター黒沢』(通称:オナマス)の二次創作作品。
目次[非表示]

お知らせ

今回「Beginning of the toilet」の作者brackhornet氏との協議の上、タイトル及びストーリー改変に基づきこの記事を白紙化することになりました。本記事はhornet氏の新生BOTTが掲載開始とともに白紙化しますのでご了承ください。(by記事制作者ムラ蜘蛛)

概要

「Beginning of the toilet」とは、原作:伊瀬勝良氏、作画:横田卓馬氏(YOKO氏)の人気Web漫画『オナニーマスター黒沢(通称:オナマス)』の二次創作作品である。
作者はbrackhornet。作画を担当していた横田氏が2015年にジャンプで連載を始めることを記念にhornet氏が自身のサイト「黒蜂の巣(HTML形式の自作サイト)」にて同年掲載を開始。
毎週月曜金曜に更新。
2016/5/20 第34話「黒沢翔のファッション・ショー」が公開

基本的なキャラ設定などはオナマスを受け継いでおり、作中にはhornet氏オリジナルのキャラも登場する。
hornet氏はTwitter上によると伊瀬氏と横田氏に本作品の掲載許可をもらっているようだが、権利上の関係により「作者公認、公式のアナザーストーリーとすることはできない」ということらしい。
また現在hornet氏は自身で漫画版の製作に取り掛かっているようだが、製作は難航している模様。

あらすじ

ある日、女子トイレで自慰をすることを日課としてた主人公:黒沢翔は女子トイレでとある少女と遭遇してしまい何とか切り抜けるもその時の様子をある生徒に偶然目撃されてしまう。そして2年生最後の日課を終えた黒沢の前にその生徒は現れた。
その生徒の名は桐谷航。黒沢は彼を警戒し、「僕の日課を暴露するつもりか?」と聞くも彼は首を縦に振らなかった。
彼が黒沢に望んだこと、それは『君と友人になりたい』という驚愕的なものだった。
黒沢はこの言葉に困惑し、「何故だ?僕を日課を知ったうえで友人になりたいというのか」と彼に問うも、彼の答えは依然として『YES』だった。
長岡と仲の良い桐谷は、長岡がしつこく構うのは彼が心から黒沢と友人になりたいと思っているため、そして自分もそんな長岡を見ているうちに黒沢と友人になってみたいと思うようになったと語る。
長岡・桐谷の純真ともいえる胸の内を知った黒沢は、2人とは対照的な己の腹黒さに萎えてしまい、秘密を暴露される可能性が捨て切れないにも関わらず桐谷の願いを断った。
黒沢の応えを聞いた桐谷は『秘密は守り通す』『僕らを信用してくれ』と言い残し去った。
今まで人との関わりを最底辺にしか留めなかった黒沢にとって、それはにわかに信じがたいことであり、桐谷の言葉はその日から彼の頭を悩ませた。
それから新学期が訪れ、中学校生活最後のオナニーライフを迎えた黒沢は、長岡・桐谷と再び同じクラスになり、そこであの時遭遇した少女:北原綾と再会する。
そしてそれは、彼と周囲の人間を巻き込む物語の始まりを告げた・・・・・。

関連タグ

オナニーマスター黒沢
横田卓馬

外部リンク

「Beginning of the toilet」掲載サイト 「黒蜂の巣」

コメント