ピクシブ百科事典

Delphi

でるふぁい

マルチプラットフォーム統合開発環境
目次[非表示]

概要

エンバカデロ・テクノロジーズから発売されている Windows 用の統合開発環境である。

現在はマルチプラットフォームアプリケーション開発環境となっており、Windows, macOS, iOS, Android, Linux のアプリケーションを開発できる。

かつては Borland から発売されていた。Delphi 1.0 が発売された 1995 年から現在もバージョンアップが続いている息の長い開発環境である。

用途

誤解されがちであるがクライアント・アプリケーションだけでなく、サーバサイドのアプリケーションも作成できる。

クライアント・アプリケーションでは主要 4OS(Win, macOS, iOS, Android)向けのアプリケーションを真の意味のワンソースで作れる。GUI デザイナだけ OS 別になったり、フレームワークが分かれたりはしない。

2D アプリケーションだけでなく 3D を用いたアプリケーションも作成可能である。

IDE

Delphi / C++Builder で使用される IDE は RAD Studio IDE と呼ばれる。

今では珍しく無くなった Drag & Drop での GUI 構築の元祖とも言える IDE である。GUI デザイナをメインに据え、GUI デザイナ・コードエディタ間は自由に行き来でき、かつ、相互に変更可能である(2Way-Tool)

「イベントハンドラに対してオブジェクトイベントを委譲する」2Way-Tool の手法は Borland の特許である。

Framework

現在、フレームワークは2種類存在している。どちらのフレームワークも「スタイル」という機構によってダークカラーなど様々な見た目に変更できる。

VCL

  • Visual Component Library の略で Windows 専用のコンポーネント群。


FireMonkey

  • マルチプラットフォーム用コンポーネント群。
  • FMX と略されることもある。
  • DirectX や OpenGL で描画されるため非常にリッチな見た目を手軽に実現できる。
  • 3D 表現も可能である。



言語

Pascal を拡張した Object Pascal を使用する。

特徴

教育向け言語の Pascal をオブジェクト指向に拡張した言語。元になった Pascal が教育向けだったため非常に解りやすい言語になっている。

最新のバージョンではクラスヘルパーやジェネリクス、無名関数など言語の機能が強化されており他の言語に引けを取らない。

呼称の変遷

  • Delphi 1.0~7 まで Object Pascal と呼ばれていた。
  • Delphi 8~XE5 まで Delphi Language と呼ばれていた。
  • Delphi XE6~以降は Object Pascal に呼称が戻った。
  • Delphi XE6 の発売直前に Delphi 以外で Delphi Language を使用する開発環境(Appmethod)が発表されたため元の呼称である Object Pascal に戻った。


無料版

2018年現在 Community Edition が無料で提供されている。従来の Starter Edition とは異なり、Windows 64bit, macOS, iOS, Android の開発が可能となっている。


過去の無料版

  • Delphi 6 では Personal 版が無料で提供されていた。
  • Delphi 2006 Update2 相当の Turbo Delphi Explorer が無料で提供されていた。
  • Delphi 10.1 Berlin から Starter Edition が無料で提供されている。
  • Delphi 10.2 Tokkyo から Community Edition が無料で提供されている。


関連タグ

プログラミング言語

PascalObject Pascal の元になった言語
C#Delphi の生みの親「アンダース・ヘルスバーグ」による言語
JavaDelphi と同じ年に誕生。Beans の設計には Delphi 開発チームが協力している

pixivに投稿された作品 pixivで「Delphi」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9743

コメント