2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

概要

チャプター6「ウーガブーガ」に登場。巨大なタマゴから孵ったばかりの恐竜の赤ん坊であり、生まれてすぐに視界に入ったのがコンカーであったことから、インプリンティングによりコンカーをママと勘違いし、コンカーについて行くようになる。

この頃、コンカーは周辺に住む原始人たちに襲われている状態であり、赤ん坊とはいえ恐竜のこいつにかかればその原始人など丸呑みにしてしまえるため、道を切り拓くために心強い味方であった。

しかし、真に道を切り拓くため、コンカーの誘導であるエリアに連れて来られてから状況は一変する。
状況対応パッドで都合よくスリングショットを取り出したコンカーが射撃したのは、意味ありげな高台に乗っかっていた重石を持ち上げるスイッチであった。
その重石の下に描かれていたのは意味ありげな恐竜の足マーク
そこで、自分の誘導なら従うと判断したコンカーは、ここにこの恐竜を連れてこさせることに。

辺りを良く見ると、なにやらもう1つのスイッチが。
先ほどのスイッチが重石を持ち上げるのなら、こちらは何が起こるのだろうか。

そう、これは赤ん坊生贄の台座だったのである。あつらえられたと言わんばかりに、生まれてすぐ重石に潰されたのであった。
ブラックなおとぎ話のテイストが強いレア社の中でもかなり強烈なエピソード。

しかも生贄にする儀式自体は正解だったようで、巨大な恐竜の像が「お前の望みをかなえよう」とばかりに道を開いてくれる。
それが、このチャプターの・・・ひいてはのちにわかる怒濤の展開の幕開けを意味していた。

関連タグ

Conker's_Bad_Fur_Day

関連記事

親記事

ウーガブーガ うーがぶーが

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「Dino_Baby」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 62

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました