ピクシブ百科事典

Dreamtale (AU)

どりーむてーる

Dreamtaleとは、海外RPGゲーム「Undertale」の派生作品(AU)の一つである。
目次[非表示]

日本のフリーゲーム「ゆめにっき」と「Undertale」のコラボタグはDreamtaleへ。
AUをご存知でない方はUndertaleのAU一覧をご一読ください。
Undertaleのネタバレを含む可能性があります。記事を読む前に原作であるUndertaleをプレイしておくことを強く推奨します。


概要

Dreamtaleとは、海外RPGゲーム「Undertale」の派生作品(AU)の一つである。製作者であるjoku氏が自身のtumblrにて公開している。
Undertaleの登場人物たちの立ち位置が入れ替わったUnderswapや、地下に封印されたモンスター達が猟奇化したUnderfellなどといったUndertaleの延長線上にあるAU作品達とは異なり、このAUは登場人物たちがSansの姿をしていることを除きUndertaleと直接的な関わりはない。


あらすじ

物語はその昔、人類とモンスター達が地上で共存していた頃に遡る。世界は三本の樹の存在によって成り立っていた。生命の樹、マナ(魔法)の樹、そして感情の樹。三本の樹はそれぞれ別世界に位置し、一つ一つを「守護者」なる存在が守っていた。
感情の樹が位置する世界は「Dreamtale」と呼ばれ、全ての世界に「感情」を届ける役割を果たしていた。樹には二種類のリンゴーー片方に金のリンゴ、もう片方には黒のリンゴーーが実り、それぞれがポジティブな感情、そしてネガティブな感情を司っていた。
世界のバランスを保つためには、二つの相対する感情がなければならない。しかし人々の中には、ネガティブな感情に逆らうことができず罪を犯す者もいた。そう、例えばーー人を殺めること。そんな人々のうち一人がある日、感情の樹の守護者を殺そうとした。守護者は悪人を倒したが、彼女の受けた傷は深く、このままでは彼女の生命と繋がっている感情の樹までもが死んでしまう。彼女が樹と融合することで樹の死は防げるが、守護者のいない樹から果実を盗むことは容易であろう。
そこで守護者は樹の力を借り、新たな守護者として二つの生命を生み出した。一つ、金色の方はポジティブなエネルギーから、もう一つ、紫色の方はネガティブなエネルギーから。金色は「Dream」、紫色は「Nightmare」と名付けられた。
守護者は二人に人間の身体を与えたが、強すぎたエネルギーは出口の少ない人間の身体を膨張させ、最後には爆発してしまった。守護者はUnderswapのことを思い出し、そのAUの小さなスケルトンーー「Sans」という名のスケルトンの身体をコピーし二人に与えた。骨には小さな穴が無数に空いているため、爆発することはなかった。
安心した守護者は樹と融合し、二人の新たな守護者達が感情の樹を守ることとなったのであった。これからどんな運命が二人を待ち受けているかも知らずに…。



以下の情報はストーリーのネタバレを含みます。


登場人物

Dream

DreamTale Sans


Nightmareの双子の弟。希望、幸福などのポジティブな感情のガーディアン。

容姿

UndertaleのSansと直接的な関わりはない。兄のNightmareと共に生み出された際、物理的な身体が必要だったため、母である感情の樹の精霊がUnderswapのSansからアイデアを得た結果、スケルトンの姿となった。故に背丈はUnderswapのSansと変わらない。
エメラルド色のシャツに水色のズボン、黄色いブーツと手袋、そして背中に太陽の絵が描かれた大きなマントを着用。ベルトには「DS(Dream Sans)」と書かれている。瞳は黄色く、頭に金の冠をしている。マントは昔Nightmareに貰ったものだが、その彼に破かれてしまった。現在破かれたマントは形を変え、黄色とオレンジを基調とした新衣装のパーツとしてDreamがまだ着用している。

性格

寛大で慈悲深い性格。どんな人であれ幸せになるべきだという考えを持ち、全てのAUに愛と幸せを運ぶためAU世界とその時間軸を渡り歩いている。例えそれが、時間軸の運命を捻じ曲げる行為であったとしても。

能力

世界に一つしか残されていない「金のリンゴ」が彼のソウルである。これは世界中に存在するポジティブな感情の源であり、このリンゴが存在する限りーーつまりDreamが生きている限り、この世界から幸せがなくなることはない。
光とポジティブな感情でできた矢を放つことができる。周りにポジティブな感情が多いほど矢の威力は強くなる。弓は先端に星の付いたステッキを変形させることで出現させる。尚、このステッキは金のリンゴの力が元となっている。
弓は真ん中で分けることができる。分けた部分には鋭利な刃が付いており、二刀流のように扱うことが可能。よほどの危機的状況でない限りDreamは使用しない。

弱点

物理攻撃の効かないNightmareとは違い、Dreamを傷つけることは容易である。刺されれば血が流れるし、ソウルを奪われれば死んでしまう。
弱点といえるか曖昧だが、DreamはHorrortaleなどのネガティブなAUに入ることができない。

その他(ストーリーネタバレ)

  • 変貌を遂げたNightmareと戦うが破れ、何年もの間石にされていた。どうやって抜け出したかは定かではない。
  • Dreamと長い間一緒にいた者は、彼が身に纏うポジティブなオーラに「依存」してしまう。そのため、彼のいなくなったAUの住人たちは「見捨てられた」と感じDreamを憎むこととなってしまう。Dream自身は「必要とされているのは金のリンゴだ、『僕自身』じゃない」と感じ、傷ついている。


Nightmare

UNDERTALE


Dreamの双子の兄。絶望、悲しみなどのネガティブな感情のガーディアン。…というより、他者を絶望させて力を得るため、日々悪事を繰り返すAU界きってのヴィランである。

容姿

弟のDreamと同じくUndertaleのSansと関わりはない。昔はDreamとよく似た姿をしていたが、ある出来事を境に現在の真っ黒な姿へと変貌してしまった(下記)。この黒い液体状の姿はUndertaleのSansを意識しているため、服装はもちろん背丈も変わらない。背中から出ている触手は基本四本だが、自由に変形可能な身体のため何本でも出すことが可能。硬度も思いのまま。シアン色の瞳は常に戦闘態勢でいる証拠である。

性格

「Sans」の中では最も邪悪な存在。AU一つ安々と破壊できる強大なパワーを持ちながら、自ら人を殺めるよりは人々が絶望して自殺する様や殺し合う様を眺めて楽しむサイコパスである。黒くなる前の記憶はほとんど失っている。

能力

彼に物理攻撃は一切効かず、ナイフで刺すなどした場合使った凶器は黒い液体に飲まれて溶けてしまう。触手は戦闘や相手を拘束する他、自分を大きく見せるために使う。黒い水溜りに変形し、誰にも気付かれず影のように移動することができる。話術にも長けており、相手の心の闇を利用して自分の思いのままに動くよう洗脳する。

弱点

光が彼の主な弱点であり、ダメージを与えることができる。ポジティブな感情にも弱く、相手が絶望しないと分かるとNightmareは去っていく。また、右目を失明しているので右側は彼の死角である。
Dreamとは逆に、NightmareはHeaventaleなどのポジティブなAUに入ることができない。

「変貌」について(ストーリーネタバレ)

上記はNightmareの現在の姿。過去の姿はDreamのように白く、紫の衣装に「NS(Nightmare Sans)」と書かれたベルト、月の形にくり抜かれた金の冠をしている。静かな性格で、本を読むのが大好きだった。
「変貌」の理由はDreamtaleの住人たちによる虐め。「Nightmare(=悪夢)」という不吉な名前、そしてネガティブな感情のガーディアンというその役割から、住人たちに蔑まれ、虐げられていた。
エスカレートする虐めに身も心も疲れきったNightmareはある日、自分でも金のリンゴを守れると証明するため金のリンゴに触れる。が、相対する存在に触れられた金のリンゴはDreamが持っていた一つを除き全て黒のリンゴになってしまう。
感情の木は枯れ、怒り狂った住人たちはNightmareを殺そうとする。異変を感じて戻ってきたDreamは住人たちを止めようとするが、一人に対しあまりの数に倒れてしまう。Nightmareは死を覚悟する。その瞬間、手にしていた黒いリンゴから男の声が聞こえ「黒のリンゴを使え、でなきゃお前は死ぬぞ。」、いけないとわかっていながらもリンゴを食べてしまう。
しかし、リンゴの力はあまりにも強大すぎた。残りの黒のリンゴを全て食べつくしたNightmareの目、口、鼻から黒い液体が流れ、頭蓋骨は割れ、激痛に泣き叫ぶ声で目を覚ましたDreamの目の前で、彼は現在の黒い姿へと変貌を遂げた。

二人の「Nightmare」

変貌以前の彼と以後の彼とは、全くの別人である。変貌後の彼はNightmareではなく、Nightmareの形を借りただけの純粋なネガティブな感情そのもの。
器が崩壊し黒い液体で覆われたNightmareの精神世界では、一人泣いていたNightmareを黒い人影が抱きしめていた。人影はNightmareに、彼を傷つけようとする全てのものから彼を守ると約束する。Nightmareはそれを受け入れ、黒い人影ーーネガティブな感情そのものに全てを受け渡すことに同意する。身体の支配権を全て受け渡すこの取引は、元のNightmareの死を意味する。
変貌後のNightmareは目覚めたその瞬間に殺戮を開始し、Dreamを石に変え、感情の樹を切り倒してしまった。彼には善の心の欠片もなく、Nightmareを気にかけ助けたように見えたのも、ただ現実世界で行動するための器にNightmareの身体が好都合だったからというだけの理由である。

樹の守護者たち

感情の樹の守護者

Dreamtaleの前守護者。緑色の肌と髪にピンク色のドレス、額から小さな樹のような角が生えた女性の姿をしている。DreamとNightmareを生み出した後は樹と融合していたが、Nightmareが樹を切り倒したと同時に死んでしまった。

生命の樹の守護者

インディアンのような羽飾りを被り、蛇の尾と牙が生えた男性の姿をしている。大蛇に変身することが可能。彼が守る生命の樹の実は光り輝く青い結晶でできており、Dreamtaleのものと似て林檎のような形をしている。

マナ(魔法)の樹の守護者

胸にリボンの付いたワンピースに帽子を被り、エルフのような耳をした少女の姿をしている。

注意事項
生命とマナの樹の守護者は、ストーリーに関係してはいるがDreamtaleの住人ではない。

Neil

Dreamtaleに住む猫型のモンスターで、かつてのDreamの親友。左腕がない。家族がおらず、放浪生活を送っている。(作者のブログ等から左腕と家族の件は火事が原因だと予想できる。)自分を放ったらかしに他人を気にかける性格だが、放浪者故に人々は彼に近づかない。
変貌したNightmareによって石に変えられたDreamを助けようとするが…?


エンディング分岐

Dreamtaleには四つのエンディングが存在する。どのエンディングでもDreamは死んでしまう。

BAD END

NightmareがDreamを倒し、全世界から幸福が消えるエンディング。全てのAUからはTP(True Pacifist)ルートという選択肢がなくなり、絶望と苦しみで満ちることとなる。最後の金のリンゴを手に入れたNightmareは「神」となる。

NATURAL END

DreamがNightmareを倒して黒のリンゴを手に入れ、自分自身の金のリンゴと一緒に感情の樹を復活させるエンディング。ソウルである金のリンゴを身体から取り出したDreamはもちろん死んでしまう。一度でもこのエンディングを迎えれば、二人の守護者の物語ーーDreamtaleは幾度でも繰り返され、他のエンディングを迎えることは二度となくなる。そのため、このエンディングはBad Endよりも酷いエンディングといえる。

HAPPY END

未公開。

SURPRISE END

未公開。


その他

  • DreamとNightmareは現時点で502歳。Nightmareが変貌したのは二人が6歳のとき、Dreamが石にされていたのは494年間。そこから2年が経ち今に至る。
  • joku氏曰く「Nightmareが変貌した理由を『嫉妬』と捉えている人がいるようだが、それは間違い。全て彼が過去に受けた虐めのせいである」とのこと。
  • NightmareはGaster Blasterの使用が可能であることが確認されている。Dreamは不明。
  • Dreamは「Star Sanses」、Nightmareは「Bad Sanses」と呼ばれるグループにそれぞれ所属しており、両者ともに各グループのリーダー(結成者)である。日本では「光AU」「闇AU」などと呼ばれることが多いようだ。
  • Nightmareが食べた黒のリンゴの数はは999個。これはNightmareに999のソウルがあることを意味する。これにより、事実上Nightmareを殺すことは不可能に近い。対し、Dreamの金のリンゴは一つしかない。
  • 金のリンゴにはDreamしか、黒のリンゴにはNightmareしか触れることが出来ない。Dreamが黒のリンゴに触れれば、Nightmareとは逆に黒のリンゴは金のリンゴになってしまう。二人以外の者が口にすると、リンゴの強すぎるエネルギーにその身を滅ぼされる。
  • DreamとNightmareの誕生日は12月21日。山羊座。



関連イラスト

Dreamtale
Happy 1st Anniversary Dreamtale




関連タグ

Undertale UndertaleのAU一覧


リンク

製作者(joku)のtumblr

コメント