ピクシブ百科事典

Hot Rod

ほっとろっど

Hot Rodとは改造車とそのスタイル・文化の総称である。
目次[非表示]

概要

 Hot Rodとは改造車のスタイルの一種で、一般的には主に1930年代~1960年代のアメリカ自動車を改造した物を指す事が多い。

アメリカにおけるHot Rod

歴史

 1930年代頃から自動車の普及と共にドラッグレース(2台の自動車で直線の速さを競うレースの事)が全国各地で行われるようになり、それに伴って車の改造に一定の方法が確立された。それらはレースによってエンジン内部のプッシュロッドが熱くなる事に因んで「Hot Rod」と呼ばれるようになった。また、速さを競うだけでなく、1950年代頃のアメ車によく見られるスタイルの豪華さ・派手さも徐々に改造に取り入れられて、多数のレースイベントやカーショーが行われる事で新たな形式が登場する事で後世まで発展し、社会問題化した違法行為から一種の総合芸術へと洗練化されたため、車その物に留まらず、ファッション性、デザイン性、アート性、音楽性、ホビー性、ビジネス性などに幅広く影響を及ぼしており、アメリカ文化の大きな一部となっている。

特徴

 一般的な「Hot Rod」の特徴は、1932年~1934年のフォードに幅広なタイヤを付け、高年式の高性能なエンジンを付け、「フレームス(火炎の模様)」に代表される派手なカラーリングをした物が連想される。

日本におけるHot Rod

歴史

 日本においてHot Rodは、1980年代頃まではほとんど知られておらず、それまでアメ車と言えば「大き過ぎる」、「走行性能が低い」、「燃費が悪い」、「派手過ぎる」、「怖い人が乗っている」というイメージが先行しており、また入手も困難だった為、注目されるようになったのは近年になってからである。
注目された背景には、バブル景気の隆盛や、アメリカ車を好んで乗るタレント・所ジョージの人気の上昇、若い世代の新しいカルチャーへの要求、「暴走族」の衰退などが考えられる。

特徴

 アメ車が入手し辛い事情もあり、近年までは国産の小型トラックピックアップ)に派手なカラーリングを施したり、車高を下げてスタイリッシュに改造した物が多かった。また、1960年代~1970年代頃の「アメ車の真似をした」国産車を改造する場合も多かった。
最近ではHot Rodの解釈の広がりと、真の「Hot Rod」が入手できない事情を逆手に取って、アメリカでは見られないような車種(430系以降の日産セドリックグロリアやS11系以降のトヨタクラウントヨタマークⅡ3兄弟など)を改造した物も多くなってきた。

関連イラスト

真紅と赤いフレイムスのホットロッド
雛苺とピンク色のナッシュ・ランブラー・ワゴン



別名・表記ゆれ

Hot Rod HotRod
ホットロッド:アニメ『超ロボット生命体 トランスフォーマー マイクロン伝説』のキャラクターの項目になっている。

関連タグ

例)ドラッグレース ローライダー ゼロヨン ヤンキー 痛車
対極)走り屋 峠小僧

この記事のカテゴリ

自動車 文化

コメント