ピクシブ百科事典

有馬記念

ありまきねん

毎年12月末に中山競馬場で施行されるGⅠレース。年末の風物詩として国民的人気を誇る。

概要

1956年(昭和31年)、「春の日本ダービーに対し、年末にも名物となるレースを作りたい」という、日本中央競馬会理事長・有馬頼寧(旧久留米藩主家当主・伯爵)の呼び掛けにより、ファン投票で出走馬が決定するレースが創設された。
「中山グランプリ」の名称で施行されたこのレースは大好評を博したが、レースからわずか17日後に有馬は急逝する。その功績を称え、「中山グランプリ」は彼の名前を冠した「有馬記念」と改称され、以来年末の風物詩として定着し、世界でも類を見ないビッグレースの一つになった。

「競馬は知らないが『有馬記念』の名前は知っている」「普段は競馬はやらないけど、年に一度有馬だけは馬券を買う」など、日頃は競馬に縁のない人々にも知名度があり、馬券の売り上げもピークの平成8年(1996年)には有馬記念の1レースだけで875億円を売り上げるなど、認知度でも売り上げでもグランプリにふさわしいレースである。

肝心のレースの方も、オグリキャップの奇跡の復活、ディープインパクトオルフェーヴルの圧巻の走り、メジロデュレンやダイユウサクが呼んだ大波乱など、毎年数々のドラマが生まれている。

JRA重賞レースの中で、皇族・王族以外の個人名が冠されるレースはこの有馬記念と、初代JRA理事長安田伊左衛門から取った安田記念のみである。
余談ではあるが、旧大名家当主でありながらも、有馬の長男・頼義は直木賞作家、孫の頼央は水天宮の宮司と、歴々で全く異なる職業に就いている家系でもある。

関連タグ

競馬 JRA

pixivに投稿された作品 pixivで「有馬記念」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23770

コメント