ピクシブ百科事典

【ぴくのく】

ぴくのく

正式名称「pixiv夜想曲」 吸血鬼をメインにした交流企画 開催期間:2009年04月30日~
目次[非表示]

正式名称「pixiv夜想曲」
吸血鬼をメインにした交流企画
開催期間:2009年04月30日~
ぴくのくwiki

企画目録

【企画】pixiv夜想曲【目録】
【企画】pixiv夜想曲【詳細】



企画概要

吸血鬼好きによる、吸血鬼好きの為の、吸血鬼好き絵師交流企画。
『中世』『現代』『未来』の三つの時代にわかれ、そしてまた三つの種族に分かれ、
それぞれの時代を背景に“吸血鬼のいる世界”を描く。
吸血鬼が題材の為、R-18、R-18G制限イラストが投稿される場合も多い。

企画概要(種族)

「吸血鬼」「粛清人」「聖贄」の三種族に分かれる。
吸血鬼が聖贄を狩り、粛清人が吸血鬼を狩り、聖贄が粛清人を癒す、というのが基本構図になっている。
勿論、交流等による結果この構図に当てはまらない例も多く存在する。

吸血鬼

【ぴくのく:吸血鬼】
聖贄の生き血を啜る闇の住人。
不死性をはじめとする様々な【能力】を持つが、【弱点】をつかれると死んでしまう。

粛清人

【ぴくのく:粛清人】
人の身、この世の存在ながらも吸血鬼に抗う力を手に入れた狩人。
吸血鬼を狩る度に振るう【奇跡】の力が彼らの心や命を削り(狂気化等)、それは聖贄と「同意」の上の【接触】により回復することができる。

聖贄

【ぴくのく:聖贄】
各時代における普通の人々。
弱さゆえに集い、【街】や組織を作り上げ、生み出した【道具】を他者に与える事が出来る。
彼らの所持するアイテムは、時には吸血鬼や粛清人に絶大な効果をもたらす事も。

企画概要(時代)

「中世」「現代」「未来」の三つの時代に分かれる。

中世

【ぴくのく:中世】/【ぴくのく綺譚:中世】
「科学は未発達で、宗教が心の拠り所になっている。闇の力を恐れ、奇跡を願う。そんな時代。」

  • 西洋の中世時代のイメージの世界観を持つ。
  • ファンタジー的な設定のキャラクターが多い傾向にある。
  • 宗教、ギルドによる集団交流が多い傾向がある。
  • 時代考証が参加者それぞれにゆだねられることや、パロディネタも豊富な傾向の為、時に他時代以上の混沌っぷりを発揮する。

現代

【ぴくのく:現代】/【ぴくのく綺譚:現代】
「オカルトも科学もほどほどにある。ネットもプラズマテレビもある、まさに現代。今、ここの時代。」

  • 現代日本的な世界観を持つ。(結果としてそうなっている、というだけで、ルール上は特に国の設定はされていない。)
  • 中世=宗教・立場的な形での集団プレイだとすると、現代はあくまでも個人プレイ的に駒を進めているような参加傾向にある。

【ぴくのく】現代の簡単なマップ【ぴくのく:現代】
【ぴくのく】現代都市マップ【現代】



未来

【ぴくのく:未来】/【ぴくのく綺譚:未来】
「科学が発達し、あらゆる力が分析、公式化されつつもこの世の真理にだけは手が届かない。そんな時代」

  • 未来的なイメージの世界観を持つ。
  • SF的な設定のキャラクターが多い傾向にある。
  • 地球外生命体の存在や、太陽系を巻き込むような大イベントなどが発生するなど、最強の混沌・フリーダムさを誇る。
  • 大規模の組織や企業の設定が多く、人間と吸血鬼の立場が逆転することも。

【ぴくのく】階層都市・既出設定まとめ【6/5】
【ぴくのく】大図解ぴくのく未来【未来:図解】



関連タグ

企画目録 交流企画 吸血鬼 ゴシック


他の記事言語

PixNoc

pixivに投稿された作品 pixivで「【ぴくのく】」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8848708

コメント