ピクシブ百科事典

目次[非表示]

プロフィール

禿時の名とめき
引込時の名おりん
新造時の名きよ葉
第二部(花魁)の名日暮
演土屋アンナ 幼少期:小池彩夢




概要

物語の主人公。本名は不明。

幼少の頃に父親が川で他界し、(すでに母親も亡くしている)貧しい地域だったため、玉菊屋に売られる。玉菊屋に来る前から気が強く、口も悪く、女衒屋に毎日殴られていたが一度も泣かず「ふてぶてしいガキ」だった。このまま吉原にいれば恐ろしい花魁になってしまうと思い何度も脱走を図るが全て失敗しており、その度に折檻を受けている。初めて逃げた際には、すぐに捕まり髪まで剃られた。

しかし、小さい時から器量が良く、最初から売れっ妓になれると周囲は話し、特別扱いされ他の禿よりも良い仕事をさせて、良い着物や化粧をされていた。気が強いせいで朋輩にも嫌われていた。粧ひが身請けされ吉原を出る際に、粧ひが初めて買った金蒔絵の長ぐしをもらったため、恩が出来てしまったため、逃げ出すのを辞めた。



関連タグ

さくらん

関連記事

親記事

さくらん さくらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「きよ葉」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 51

コメント