ピクシブ百科事典

ちわドラ

ちわどら

『とらドラ!』に登場する高須竜児と川嶋亜美のカップリングを差す非公式のあだ名

※「ちわドラ!」もありますが、現時点で「ちわドラ」の方が数が多いのでこちらで作成しました。

名前

名前の元ネタは、恐らくタイトルの「とらドラ!」の「(タイガー=逢坂大河)」と「ドラゴン高須竜児)」に合わせて、川嶋亜美のあだ名「ばかちー(バカチワワ)」の「チワワ」と後者を組み合わせたものと思われる。

作中

「てゆうかあの目つき、いまどきヤンキーなわけ? よくあんなヘッボいの、相手にできるよねえ~ちょっと尊敬~」
「まあ、そーね。こんななんにもないとこじゃ、せいぜいあんな程度しかいないわけだ。あ~あ、さ、い、あ、く~」

「なにが『亜美ちゃん』だよ! こええよ! 悪魔が乗り移ってるとしか思えねえ!」
(竹宮ゆゆこ『とらドラ!』2巻、電撃文庫、2006年、51-53ページ)

以上の最悪の出会いを経て、亜美はだんだん竜児とも大河とも親しくなり、大橋高校の中に溶け込んでいく。とはいえ、すでに竜児、大河、実乃梨の関係の基盤は出来上がった後だった。

「あたしのことも、一から入れてよ。出来上がった関係の『途中』から現れた異分子じゃなくて、スタートのそのときから、あたしも頭数に入れて」
(竹宮ゆゆこ『とらドラ!』7巻、電撃文庫、2008年、132ページ)

アニメ版オリジナルエピソードの第14話などでは、亜美は香椎奈々子に「落とせない男はいない」と言われて意味深な表情を浮かべたり、竜児に「子供っぽい」と言われて紅潮したり、彼女が竜児に何らかの感情を持っている描写が入れられている。ドラマCDでもそう思わせる描写が多い。
しかしながら、櫛枝実乃梨と異なり、原作(とアニメ)においては、彼女が「竜児が好き」とはっきり口にしたことは一度もない。

つい出来心でまとめ。


亜美ちゃんサプライズ☆

pixivに投稿された作品 pixivで「ちわドラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1241

コメント