ピクシブ百科事典

アイリスフィール(天の衣)

へゔんずふぃーる

とある人物が英霊化した姿。
目次[非表示]

いつでもいけるわ。ふふ、あなたはどうかしら、マスター?

プロフィール

真名アイリスフィール・フォン・アインツベルン
クラスキャスター
性別女性
身長158cm
体重52kg
属性混沌・善
出典???
地域???
Illust縞うどん
CV大原さやか

仮初めの形、仮初めのサーヴァント

概要

Fate/GrandOrder』の期間限定イベント『Fate/Accel_Zero_Order』にてシナリオクリア後に手に入る配布サーヴァント。 クラスはキャスターで、レアリティは☆4。
生物としてはに至り、聖杯としてはありえない人格として出現した、聖杯の化身分身とも言える存在。
それが礼装『天のドレス』を身にまとい、サーヴァントとして現界した姿である。

真名

第四次聖杯戦争時、聖杯の器(の外装)として参戦したアイリスフィール・フォン・アインツベルン。聖杯の端末。大聖杯に還った嬰児は分霊としてサーヴァント化した。

本来、冬木の大聖杯は無色の魔力を蓄えた魔力炉でしかなく、そこに意思は存在しない。だが第三次聖杯戦争によって『この世すべての悪』が人格として宿り、第四次聖杯戦争では衛宮切嗣の前に「アイリスフィール・フォン・アインツベルン」の人格と姿をまとって現れた。
だが今回は冬木の大聖杯に宿った『この世すべての悪』の性質とは異なる「であり」である「アイリスフィール・フォン・アインツベルン」の側面を色濃く有して登場した。
神霊として当てはめるのであれば、大地母神的な性質を備えている。
本人いわく、聖杯の力で聖杯の端末の一つとして仮初に存在しているとのこと。

なお、イベント内では「セイバーのマスターとしてのアイリスフィール」も登場したが、彼女とも異なる存在である。

人物

記憶や人格は正史における彼女と同じだが、聖杯化によって霊格が上がったためか、それとも妻・母としての側面が強く出たためか、元にあったお転婆なお姫様としての側面は鳴りを潜めている。
慈愛と親愛に溢れ、誰に対しても分け隔てなく淑やかだが、実は人一倍好奇心旺盛な性格。

ちなみにこの状態でも切嗣とイリヤのことを深く愛している。
運命に呪われたある守護者を護り続ける。

能力

聖杯の分身であるため、魔術回路については凡百の魔術師では対抗しえない、高い密度と精度を誇る。

戦闘は生前でも得意とした針金を用いた使い魔「シュトルヒリッター」を自在に操り、聖杯として聖杯の淨光を砲撃のように打ち放つ。
余談だが、シュトルヒリッター自体も、バーサーカークラスが装備時に宝具威力が15%アップ(限界突破MAXで25%)する概念礼装として登場している(見た目は鳥)
スキル面は回復技能に傾いているが、魔術医療も扱え、かつ母としての側面が強いアイリにはある意味必然的なものだろう。

ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
藤丸立香EECA+BB


スキル

スキル名備考
献身の覚悟(A)自己犠牲さえ厭わない愛する者への想い。防御、回復系の魔術やスキルやアイテムの使用効果に対してプラス補正がかかる。
自然の嬰児(A)いずれ等しく、世界の裡で生まれ落ちた嬰児たち。たとえ天然自然の生物ではなく、人の手によって造り出された命であろうとも、時に世界は多くの祝福を与え得る。“嬰児”とは生まれたばかりの赤子のこと、そして聖杯の器・小聖杯として生み出された存在の隠語である。
魔術医療(A)サーヴァントとしてのアイリスフィールは高度な治療の魔術を行使する。
陣地作成(B)魔術師として自らに有利な陣地「工房」を作る能力。
女神の神核(C)完成した女神であることを現すスキル。性質は近いものの、彼女は正式な神霊から派生した分霊ではないため、ランクはC止まりとなる。精神系の干渉をほとんど緩和し肉体の成長もなく、どれだけカロリーを摂取しても体型が変化しない。神性スキルを含む複合スキル。


宝具

白き聖杯よ、謳え(ソング・オブ・グレイル)

  • ランク:B
  • 種別:魔術宝具
白き聖杯よ、謳え


聖杯を具現化して召喚し、その光を以て全てを癒す。
愛と母性が聖杯と結び付き、真摯にして清らかなる祈りを一時的に叶える。願望器としての機能ではなく、あくまで、彼女の存在が昇華された宝具。
自陣を回復し、バッドステータスを全解除する。持続ダメージの類も解除される。霊核の欠片でも残っていれば戦闘不能状態となったサーヴァントの復活も可能。だがこの効果は「FateGO」では使用されない。

ゲーム内では、種別はArtsで、効果は【味方全体のHPを回復&3ターンの間ガッツ(自動復活)状態を付与〈オーバーチャージでガッツの回復量アップ〉】。

ゲーム上での性能

HP:12,000を超える耐久型。
カードバランスは《Quick:1/Arts:3/Buster:1》とキャスターの定形。
スキルは、自身の使う回復効果を強化する「献身の覚悟(A)」、自身に1ターンの無敵と3ターンの間NP獲得量強化状態を付与する「自然の嬰児(A)」、味方単体のHPを回復させる「魔術医療(A)」と、イベント配布サーヴァントでは珍しく防御・回復に特化した構成となっている。

同じ回復役のメディア・リリィと比較した場合、向こうが「高速神言」での速攻宝具解放と宝具による状態異常の予防に秀でるのに対して、こちらは場持ちの良さを活かして長期的に立ち回る事になる。

宝具効果は上記の通り。ガッツ効果により、宝具や不意打ちのクリティカルを受けても粘り強く耐えられる点は有り難い。
自爆効果を持つアーラシュの宝具とコンボする手も有効だろう。

回復役としては有能だが、やはり攻勢面で今一歩で後れを取る。
そのため、バーサーカーを始めとした防御面に難があるサーヴァントの補助として立ち回るのが基本となる。
またArts三枚の割にNP獲得量は割と平凡なので、いざという時にNPが溜まらず宝具が使えないという事もあり得るため、宝具の回転率を上げる場合は概念礼装で補強しておこう。

その他

これまで「黒の聖杯」「ハロウィン・プリンセス」「天使の詩」等、概念礼装としてちょくちょく顔を出していたが、まさか予告なしにサーヴァントとして本実装されるとは、だれも予測できなかった。
また彼女の実装により、配布サーヴァントのクラスかぶりも実現している。

なお、最終再臨が妙にエロい
ハロウィン礼装といい、再臨後のセイントグラフといい、なんでこの奥様は男の急所(意味深)を的確にとらえてくるのだろうか…(汗)

ちなみに追加イベントで衣装にツッコむと恥ずかしながら「アインツベルンの正装」とか「魔術儀式用のドレス」などと誤魔化しているので、本人も恥ずかしい衣装だと自覚しているようだ。
ちなみに絆レベル10の時に貰える概念礼装『天の衣』では、彼女自身はおらず、椅子にこの衣装(ブーツは見当たらない)が掛けられているだけである。
つまり、こうなっているという事である。

また、追加イベントでは主人公たちが大聖杯を破壊したのはいいが、それが手緩かったために彼女とほぼ同じ原理で4人のアイリが別個に生み出されてしまい、アンリマユが大人しくしていろと言ったにもかかわらず、一番攻撃的な性格を持った火のアイリが反乱を起こし、それに残り3人のアイリも毒されアンリマユを袋叩きにしたのちに逃走、町中に散らばってしまった。
なお、この4人のアイリは一見するとカラーバリエーションだが、宝具名とその効果、性格、台詞がいずれも別個のものがあてがわれているという気合の入った仕上がり。ちなみにクラスも異なる。
しかも竹箒日記に投稿されたボツ案ではレベルごとにセリフも違っていたことが判明。
(水のアイリ以外の模倣宝具の名称は、どう見ても実装サーヴァントの宝具をもじっている
彼女らをそれぞれ3回倒すことでアイリの宝具強化のための素材を獲得できる。

関連イラスト

天の衣
Our Holly Miracle


世界を
Fate/Accel Zero Order



関連項目

Fate/GrandOrder Fate/Zero キャスター(Fate) サーヴァント
聖杯 天の衣 天の杯 ドスケベ礼装
グレートマザー

pixivに投稿された作品 pixivで「アイリスフィール(天の衣)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3623459

コメント