ピクシブ百科事典

概要

アニメ『デビルメイクライ』の登場人物で本作のラスボス
かつて魔界の王である魔帝ムンドゥスに匹敵すると言われた伝説の大悪魔であり、ムンドゥスや覇王アルゴサクスと魔界を三分する争いを繰り広げていた。
人の身でありながら悪魔を使役していた錬金術師アラン・ローエル(本作のヒロインであるパティ・ローエルの先祖)が生涯を賭しても使役できず、封印することしか出来なかった。
外見は黄金の体に無数の赤い線の模様が走った巨人のような体躯で、頭部には巨大な2本の角と腰に一対の翼を生やした禍々しい姿をしている。普段は目を閉じているように見えるが、目元には血涙を流しているような模様があり、目を見開いた際には悪魔らしい凶悪な表情を見せる。

アニメ本編では、陰日向で暗躍していた下級悪魔のシドバアルモデウスらの上級悪魔の遺骸とパティが持っていた母親の形見である「アランの涙」を使って、封印を解いたシドと一体化して現世に復活した。
ムンドゥスやアルゴサクスと同等の実力を誇っていただけのことはあり、一度はダンテすら返り討ちにし、都市一つをあっという間に焦土に変える熱線や光弾による圧倒的な攻撃力や下級悪魔と中級悪魔を無尽蔵に生み出す能力を持ち、トリッシュレディの連携攻撃もまったく通じないなど、絶大な戦闘能力を見せつけた。
しかし、ダンテを助けるために魔界に単身で乗り込んだパティの尽力で復活したダンテと再戦した際にはまるで歯が立たず、惨敗を喫した。
その後は、元の姿に戻ったシドはダンテに命乞いをするが、聞く耳を持たれずトドメを刺された。

関連タグ

デビルメイクライ(アニメ)

関連記事

親記事

デビルメイクライ(アニメ) あにめばんでびるめいくらい

兄弟記事

コメント