ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:野沢那智

概要

アニメ『デビルメイクライ』の登場人物。
悪魔としての力は極めて非力な下級悪魔であり、外見はぎょろりとした目をはじめ、不気味な姿をした小男。しかし、逃げ足だけは大したもので、人間の皮を被って他人に化けることも可能。
たびたびダンテの前に現れ、常に卑屈な態度をとっているが、時に相手の神経を逆撫でする言動や立ち振る舞いでダンテをイラつかせるなど、DMC3に登場したジェスターを彷彿とさせる。

作中における活躍

本編における黒幕であり、作中の陰日向で巧妙に立ち回って、錬金術師のアラン・ローエルに封印されていた伝説の大悪魔アビゲイルを復活させるために暗躍していた。皮肉にもスパーダの弟子であるバアルモデウスもシドの計画に利用されていた。

アランの血を引く、本作のヒロインのパティ・ローエルの母のニーナを人質に取り、アビゲイルを復活させるために必要な「アランの涙」とバアルやモデウスなどの上級悪魔の遺骸を使って、アビゲイルの封印を解き放つ。

アビゲイルと一体化したシドは、その圧倒的な戦闘能力でダンテを返り討ちにし、レッドグレイブ市を壊滅に陥れる。しかし、ダンテを救うために己の身も顧みずに魔界へと単身で乗り込んだパティの尽力で復活したダンテと再戦し、初めはダンテを圧倒するが、本気を出したダンテの前に手も足も出ずに惨敗した。

元の姿に戻ったシドは魔界最強クラスのアビゲイルの力を手に入れた自分が何故、ダンテに敗北したのか理解できず、激しく狼狽する。
自分のような生まれついての下級悪魔は成すすべもなく、殺される運命なのかと恨み節を吐く彼に
ダンテはこう答えた。

魂さ
てめぇみたいに魂を腐らせてしまった奴が力だけ手に入れたところで本物の魂を持った奴には敵わないってことだ

ダンテの言葉の意味を理解できないシドは、以前のような卑屈な態度で命乞いをするが一蹴され、最後の悪あがきでダンテに飛び掛かるが、「JACK POT」の決め台詞とともにトドメを刺された。

余談

シドと同じ下級悪魔であっても、作中のMission:3に登場したブラッドは人を愛する心を持っており、人として生きていくことができた。バアルとモデウスは互いに想いあう兄弟の絆を持ち、モデウスに至っては涙を流す心を持つ悪魔である。
魂を腐らせ、力のみを追い求めたシドの末路は、力に溺れて人としての心を捨て去ったアーカムやアリウスやサンクトゥスらと同じであった。

関連タグ

デビルメイクライ(アニメ)

関連記事

親記事

デビルメイクライ(アニメ) あにめばんでびるめいくらい

兄弟記事

コメント