ピクシブ百科事典

アーカム(デビルメイクライ)

あーかむ

カプコンのゲーム『デビルメイクライ3』の登場人物。
目次[非表示]

「――――――来たれ 混沌」

概要

バージルに協力し、彼と共にスパーダによって封じられた巨塔、テメンニグルを復活させた謎の男。
常に、書物を手にしている。
自分の妻であるカリーナを犠牲にし、不完全ながらも悪魔の力を手にしている。
まだ、自分の店の名前を考えあぐねていたダンテの前に現れ、「兄上からの招待状」と称して、彼を挑発。
テメンニグルへと誘った。

Pixivでは、「アーカム」のタグを用いての作品投稿が多い。「デビルメイクライ」タグや「DMC3」タグ等の該当作品名タグとの併用検索をお勧めする。

解説

実はレディの、実の父親であり、娘と同じ色をした、オッドアイをしている。
彼女の本名である「メアリ」も、彼が名付けたものである。
悪魔の力の魅力に憑りつかれ、母を殺し、何人もの人間の命を犠牲にしてきた彼を、娘であるメアリは心底憎んでおり、自分の手で殺そうと復讐を誓っている。

「伝説の悪魔、スパーダの力を復活させる」という同じ目的の下で、スパーダの息子であるバージルに近づいて共に行動し、テメンニグルの深部へと潜った。
だがその途中で、アーカムを追って、同じく塔に潜入していたメアリと接触したにも関わらず、彼女の命を始末しなかった事をバージルに指摘され、「親子の情に負けた、不完全な存在」として、彼に切り捨てられてしまう。

腹部をバージルの閻魔刀で貫かれ、一時は死の淵へと立たされるも、息を吹き返す。
そして、自分がバージルに操られ、妻を手に掛けてしまったという衝撃の事実を、側にいたメアリに告げた。
驚愕するメアリに対し、「バージルを止めてくれ」と言い残し、彼は事切れる。

父の言葉を信じたメアリは、涙ながらにバージルへの復讐を決意するのであった・・・。

関連タグ

デビルメイクライ DMC3 DevilMayCry
ダンテ レディ バージル オッドアイ



















※以降はデビルメイクライ3のネタバレになります。まだ、未プレイの方はご注意を!


































ネタバレ注意

ジェスター

無視するなぁぁあ!



「おネンネの時間だよ メアリ」

テメンニグルにて、ダンテの行く先々に現れては、小馬鹿にしたような態度で彼に接する、謎の悪魔。
下ネタの混じったおしゃべりなトークをかましてくるウザいピエロだが、その助言は本物である。

その正体はアーカムであり、声優も彼と同じ、アダム・クラークである。

実は彼はまだ生きており、メアリに告げた話は、全て嘘だった。

バージルの目の届かぬ所でジェスターに変身し、ダンテを誘導させて、バージルと鉢合わさせる。
バージルを追って、メアリも彼らのいる、テメンニグルの力が封じられている場所へとやってくるように仕組んだ。

その目的は、ダンテとバージルを闘わせることでスパーダの血を流させ、さらに彼らのアミュレットと、母と同じく巫女の血を引いているメアリの血を合わせる事により、塔の力を復活させようと画策していたのだ。
その途中でメアリを殺さなかったのも、全てはその計画の為の事なのであった・・・。
バージルが彼を切り捨てたのも、彼の本性に薄々勘付いての行動だったのだろう。

彼が本性を見せながら、メアリの脚をカリーナ=アンの刃で貫いて巫女の血を流させたり、ジェスターにクルクルと変貌して、笑いながら自身の目的を話すシーンは、多くのプレイヤーにトラウマを植え付けた。

その後、完全に復活したテメンニグルの力によって解放された魔界へと赴く。
そこでスパーダの強大な魔力を手に入れるも、その凄まじい力を扱いきれずに、細長い腕や目玉が大量に生えた、スライムのような姿になってしまう。
(フォースエッジが魔剣スパーダに変化していないのがそれを裏付ける)

一時はダンテに善戦するも、その場にかけつけたバージルと、ダンテの共闘により、敗北。
スパーダの力を失い、人間時の姿に戻された彼は、魔界からテメンニグルの頂上へと、たたき落とされた。

まだ息のあった彼は、重傷を負いながらも逃げようとする。
しかし時を同じくして、頂上に着いていたメアリと再会。
命乞いも空しく、彼女に銃弾を撃ち込まれ、今度こそ絶命した。

レディは彼の死と共に、「メアリ」の名と決別する。

母と自分の復讐を果たし、高らかに笑う彼女であったが、涙を流している事に気づき、「涙なんか出ないと思ってた―――――」と、静かに自分自身に驚くのであった・・・。

妻と娘との家族関係

親子でヒゲダンス!


妻だったカリーナとは、最初から巫女としての力を利用する為に、彼女に近づいていたのかは不明だが、レディがアーカムの死に、涙を流していたことから、悪魔になる前の彼は、少なくとも「メアリ」にとっては、良き父親であったのだろうとも見える。

皮肉にも娘に引導を渡される結果となったが、実に悲しい結末である。

コメント