ピクシブ百科事典

イライザ・エスポジート

いらいざえすぽじーと

映画『シェイプ・オブ・ウォーター』の登場人物。
目次[非表示]

演:サリー・ホーキンス

概要

シェイプ・オブ・ウォーター』の主人公。

人物像

1962年時,アメリカ政府の極秘研究所で清掃員として働く中年女性。
幼少期のトラウマで声を出せないため、手話で意思疎通を行なっている。首には左右に三本の傷跡が残っているが、何の傷なのかは本人にも不明。
川に捨てられていた所を施設に拾われて幼少期を過ごし、成人してからは映画館の二階にある部屋で一人暮らしをしている。

好きなものは靴(イライザが自己を主張する為のツールの一種)、ゆで卵(毎日3個作り、内二つが昼食用で一つはジャイルズ用)、映画、ハリウッド・ミュージカル劇や番組。(歌は歌えないが足でタップダンスをするのを好んでいる)

友人に、隣人で画家の壮年の男性・ジャイルズと、清掃員仲間で黒人女性・ゼルダがいる。二人はイライザの手話を理解し、彼らもまたイライザに話し相手になってもらったりと良き関係を築いている。

性格は声が出ない事も相俟って見た目は地味で大人しい印象を受けるが、本来は好奇心旺盛で感情や想像力が豊か。障害者としてハンデを持ちながらも友人達との交流やルーティンワークを送っているが、単調な生活に加えて恋人のいない孤独さも抱え、それを持て余している。

そんな変わり映えのしない日々を送っていた彼女がある日、ひょんなことから研究所で出会った半魚人に惹かれるようになる所から、彼女と彼女を取り巻く人間達の物語が大きく動き出す。

関連イラスト

シェイプ オブ ウォーター
今日はバレンタインね~。


无题



関連タグ

シェイプ・オブ・ウォーター ギレルモ・デル・トロ 映画
リチャード・ストリックランド
ヒロイン 熟女 手話 カチューシャ

pixivに投稿された作品 pixivで「イライザ・エスポジート」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 47633

コメント