ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

Axis Powers ヘタリア』関連の作品の中で、

イヴァン・ブラギンスキ×ギルベルト・バイルシュミットBLカップリングが描かれた作品に付けられるタグ。


同じ意味のタグに露普があるが、国名なので使用は推奨しない。


必ず腐向けまたは腐向けヘタリアと併用すること。


関係性編集

幼少期編集

幼い頃からお互い面識があり、幼少期はプロイセン(当時はドイツ騎士団)がロシアを一方的に追いかけ回していじめていた。

あるときプロイセンは大量の兵士を連れてロシアに戦いを仕掛けるが、戦場が凍った湖の上であったことや、ロシアの忠告をろくに聞き入れなかったために、二人揃って割れた湖の中へ落ちてしまう。

氷の湖

ロシアは自分の忠告を聞かなかったプロイセンに対し、彼を救出した後に説教の意として首を絞めるが、以降も「次会えるときは友達としてだったらいいなって思う」といった友好的な姿勢を見せた。


対するプロイセンは、(この出来事がきっかけであるのかどうかは不明だが)以降ロシアに苦手意識のようなものを感じており、近付かれると吐血まではいかなくとも睫毛が4本抜けるレベルで嫌っているようだ。


(AxisPowers4巻『ロシアとおともだち』より)


18世紀編集

ロシアを見るなり絶叫し出すプロイセンと、フランスに見つかってしまうという懸念から再びプロイセンの首を絞めるロシアの姿が確認できる。

しかし、お互いの軍服を褒め合ったり、二人並んでフランスを訪れるなど、作中でロシアが「友達みたい」と述べたようにこの時代の二人の関係性は比較的良好である。


「なんだか僕とプロイセン君友達みたいだね」「え…?」「…」


(ヘタリア World☆Stars 5巻 第156話 もしくはジャンプ+295〜300話より)


20世紀(冷戦期)編集

煙草吸ってる露普

プロイセンはドイツ分断時に東ドイツで過ごしていたことが判明している。

(プロイセン=東ドイツであるという設定はあくまでヘタリアという作品のみに通用するものであり、本来は二国に歴史上の直接的な関連性はないので注意)

作者のブログや設定集などで、度々ロシアの支配下で旧ソ連のメンバーと共に儲からない仕事に精を出すプロイセンの姿が確認できるほか、ロシアがプロイセンに対し「ロシアさんと僕は一番の親友です」と復唱させようとする姿も描かれている。


この時代における二人は「宗主国」と「衛星国」といった間柄であり、幼少期の「いじめられっ子」と「いじめっ子」といった関係性と対照的になっている。


また、作者ブログでは「オスタルギー※値が高くなると兄貴(ここではプロイセンのことを指している)がロシアさんに付け込まれる」と表記されている。

※オスタルギーとは、東ドイツの存在した時代、および当時の事物への郷愁のこと。


余談だが、旅の会話ブックロシア編では、ロシアの食について言及するドイツのセリフの注釈として「ドイツさんは分裂時に東側がロシアさんと付き合っていたので、他の面々より事情を知っています」という記述がある。


現代編集

プロイセンのブログ(俺様ブログ)にロシアが1日3回コメントを送る程度には交流がある。

「個人的にロシア(からのコメント)は見なかったふりをしたい」「どっかいけー!!」など、突き放すような言動が多いものの、毎回律儀にコメントを返しているようだ。


また、AxisPowers3巻でのプロイセンの紹介文に「今はロシアの飛び地※になったりしている」といった記述があり、現代においても二人の間には不思議な縁があることが窺える。

※公式で明記されていないが、恐らく旧・東プロイセン領である現・ロシア領カリーニングラードを指している


その他編集

ろぷ

2013年のキタユメハロウィンでは、クマ耳を着けたロシアと小さなウサギの姿をしているプロイセンの姿が描かれている。プロイセンがロシアに喜んでもらうことを想定してにんじんをあげるなど、本編よりも仲の良い二人の姿を見ることができる。


関連イラスト編集

イヴァギル祭り露&普まとめ01


関連タグ編集

ヘタリア 腐向け 腐向けヘタリア

ユキウサギ 最凶夫婦

イヴァン・ブラギンスキ ギルベルト・バイルシュミット

関連記事

親記事

セカギル せかぎる

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15077377

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました