ピクシブ百科事典

オープン立直

おーぷんりーち

オープン立直とは麻雀のローカル役の一つである。

立直を掛ける際に手牌を公開して立直するという特殊な立直であり一般的に2翻役のローカル役。

手牌は全て公開する場合と待ちに関係する部分のみを公開する場合の2パターンがあるが、要するには他のプレイヤーに何待ちであるかを宣言した上で掛ける立直であると言える。

待ち牌が見えている以上、他のプレイヤーは通常の立直と比べると捨ててはいけない牌(当たり牌)が明示的であるため、危険牌を持っていなければ振り込む心配が全くない。その為、他のプレイヤーからの出和了は既に立直を掛けているか、どうしてもその牌を捨てざるを得ない状況(副露が多い等)でなければ有り得ない。

その為、一般的にはツモ和了を狙うことになる。ツモ和了が出来れば門前清自摸が必ず付くため実質3翻となる。

また、オープン立直への振り込みは役満払いとみなされるルールが多い。前述の通り待ち牌が公開されているため、好き好んで振り込む、というパターンはまずないだろうが例えばある程度点差がある1位が4位に意図的に振り込む(差し込み)などを防止するためではないかと思われる(待ち牌だけでなく手牌全公開の場合は特に点数計算が容易であるため、裏ドラという不確定要素はあるが差し込みしやすいという背景がある)。但し先に立直を掛けていた者が振り込んだ場合は通常の2翻として扱うケースが多い(追っ掛け立直をかけて振り込んだ場合は役満となるケースもある)。

また、オープン立直が採用されている場合振り込みを嫌ってわざとチョンボすることを避ける為、チョンボを役満払いとしているケースが多い。

極めて稀有なケースではあるがオープン立直とダブル立直が複合した場合(1順目にオープン立直を掛けた時)は3翻にするか4翻(オープン立直を2倍の得点にする)かは場合によって異なる。

関連タグ

立直 ダブル立直

コメント