ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

概要

カンカン帽とは、帽子の一種である。

麦わらを平らに潰して固く編み、プレス加工した上でニスを塗った耐水性のある帽子で、元々は船乗りが被っていた。ボートに乗る人が被ったことから英語ではボーター。

トップとブリムが平らで、クラウンは円筒形。非常に固く、叩くとカンカン音がすることから、日本ではカンカン帽と呼ばれるようになった。


発祥は、18世紀にイギリス海軍のネルソン提督が円形の麦わら帽を夏の制帽としたことが始まりとされている。19世紀ヨーロッパでボート遊び用の男女の帽子として流行したが、日本でも明治昭和のはじめ頃まで男性を中心に着用された。


21世紀に入ってから若者のファッションとして復活。再び幅広い世代にかぶられるようになり、女性の間でも、かわいらしいと評判になり一般化している。

男子の正装にも用いられるものだったのが、今は普段着に合わせることが多い。


関連タグ

帽子 麦わら帽子 ファッション ワンピース ハット

カンカン娘

関連記事

親記事

麦わら帽子 むぎわらぼうし

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3402336

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました