ピクシブ百科事典

ガルム小鳥遊

がるむたかなし

ガルム小鳥遊とは、ゲーム「レッスルエンジェルス」シリーズに登場する女子プロレスラー。
目次[非表示]

プロフィール

名前ガルム小鳥遊
本名小鳥遊 薫(たかなし かおる)
国籍日本
出身山梨県
誕生日9月4日
身長174cm
スリーサイズ109/102/114
得意技パワー技
必殺技ガルムズディナー(ショルダータックル)
CV斉藤貴美子


概要

パワーで圧倒する、日本人最重量級レスラー。
良く言えば無骨、悪く言えば不器用な、昔ながらのレスラー気質の持ち主。

「愛」6話、「地獄の番犬」の主人公として初登場。シリーズ登場は遅いが、年齢(世代)的にはパンサー理沙子ブレード上原と同期の、最古参の一人。

実家は林業を営んでおり、そこで培われた巨体とパワーを買われてプロレス界入りした。
ところがその後いくらもたたず、所属団体が経営側の失敗により破綻。しばらくリング外で苦労を重ねる羽目になる。

試合スタイルも性格も前述の通り不器用で、やることなすこと、中途半端なことができない。
それゆえリングの中でも外でも、彼女と相対する時は、相手も本気を(全力を)出す必要がある。

いつしか「敵にしても味方にしても、小鳥遊を巻き込むのは地獄の入り口に立つようなものだ」と言われるようになり、彼女のことを周囲は「地獄の番犬」と称するようになった。

レスラーとしては典型的なヒールであるが、過去に苦労を重ねたこともあり、リング外では人格者として知られる。
彼女に世話になった後輩レスラーも多く、レスラー達からは、ヒール勢の元締めと目されている。

なお、現役引退後はコーチ業に転身。新たなレスラーを育てている。

関連タグ

レッスルエンジェルス 女子プロレス

関連記事

親記事

レッスルエンジェルス れっするえんじぇるす

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ガルム小鳥遊」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1343

コメント