ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

パワプロシリーズに登場する架空の球団。リーグには10ではパ・リーグ、14ではレ・リーグに所属している。
10ではサクセスの選択できるうちの一つとして、14では対戦球団として登場。その他11などでもサクセスのシナリオ内で名前が出ている。
この球団には早川あおい橘みずきの他にコンディションコーチの景西明が登場し、コーチは以下の親会社探しの際に貢献してくれる。

球団の特徴

歴代サクセスでも屈指の変わり種(突っ込みどころ満載)のサクセスである。

パワプロ(以下主人公)が一軍昇格して一定期間が過ぎるとオーナー企業の『まったりタクシー』がなんと突如撤退宣言し期間内に新たなオーナー企業を探すのがこの球団の特徴の一つ。
その親オーナー企業へ交渉するのは監督とかではなく主人公のみであり、しかも他の選手は主人公に任せきりで監督たちも上記の景西コーチを除き一切協力をしない。
選手だけでなく監督、コーチ陣なども含まれる球団の運命をクビを告げられている選手に投げていいのか…
無事見つけてひと安心…、とはいかずまたオーナー企業が一定期間後に撤退宣言するので再び主人公が新たな企業へ交渉…を繰り返していく。
企業は基本A~Cのランクがありランクが高いほど交渉成立が難しいがメリットが大きくなる。
コロコロ企業が変わるのでその煽りを受け設備の能力も変わっていき企業によっては特殊な効果を得られ、大体はメリット効果であるが中にはデメリットになる効果もあるので余程の余裕がない状況を覗けば企業の見極めも大切。
もし期限内に親会社が見つからなかった場合はランク外企業に拾われて命拾いできる場合があるが企業事態が潰れかけの為デメリットがデカイ(全ての練習レベルが1になり工場の仕事を手伝わられる)のでこうなると強選手作成は諦めるしかない。
ランク外企業にも拾われなかった場合はゲームオーバーになる。ただ基本的にそこまでなることはほぼないと思われる。

もう一つの特徴が一軍監督の世渡好男。
一定評価を得ればSNT(Secret Night Training)の強化選手に選ばれ、比較的ノーリスクの猫の巻と見返りは大きい分ハイリスクの虎の巻があり成功すればポイントだけでなく特殊能力が得られるが失敗したら逆にポイントが減ったり赤能力を付けられてしまうことも。
しかしこの監督自身の性格にかなり問題があり、主人公にはたちの悪いと言えるほどのかなりの気まぐれな性格のせいで評価関係なく試合できちんと活躍していても監督の気まぐれで突然二軍落ちすることがある
幾度も球団の危機を救っているのにも関わらずこのような扱いをされるのだから主人公そしてプレイヤーにとっては踏んだり蹴ったりである。(この自己中な行動やあおい達へのスケベ行為、そして下記の選手の問題ある運用もあってファンからは歴代サクセスの無能監督で名が上がることも)
ただしこれはランダムなのと監督がいるところで練習した際のランダム発生なので一応ある程度回避は可能。

この2つの特徴がランダムなので安定性がなく運要素がかなり強いとされる。
しかし投手作成は二人の固有選手との友情タッグが組め、野手でも試合経験値が以外にも稼げる為案外強い選手は作りやすいほうである。

10から8年後の14ではパ・リーグからレ・リーグに移動したが相変わらずオーナー企業はコロコロ変わっていて不安定でよくわからない球団と言われてる。

14での無名の女性遊撃手について

六道聖のルートのシナリオのある回想にて14から5年前に『キャットハンズに三人目の女性の遊撃手が入る』という二人のモブの会話が流れる。
しかしその僅か半年後にその選手は戦力外通告されたという。
主な理由としては二人は『運動量が多い守備位置で試合の後半辛そうだったしなぁ』と述べている(体力問題なら後半で下ろすか逆に後半戦に起用するなりできたと思えるのだが…)
この女性遊撃手に関して当初からそして時折『この選手は六道なのではないか?』と言われることがあるがこの説はNOと言える。
理由として14での六道の年齢は25歳で5年前の時は彼女は大学に通っているのである。その他にも13から2020まで彼女に遊撃手のサブポジが一度も付いてないので能力的にも矛盾が生じてしまう

もう一つ言われてる人物が小山雅である。
後だしのキャラとはいえ彼女は遊撃手であり年齢もあおいと同じ同世代で14では30歳なので5年前(25歳時)なら社会人野球からキャットハンズに行ける。
そして何より2012のパワスタというモードにてキャットハンズのユニフォームを着た雅のカードがあり説明文に『内野手初の女性プロ野球選手。あおいと一緒にプロの世界でプレイする夢が、ついに叶う』とある。
なのでこの女性遊撃手は小山雅もといこの女性遊撃手の設定を小山雅を制作時に加えたと思われる。
2011と2012は14への進みが少々違うifになりうることが可能なので『あおいとの約束を叶えるほう(2011&2012)』『プロ入りが遅れあおいとの約束を果たせなかった又はそもそも約束をしていないほう(14)』のフォローなどはできる。

余談

  • 元々の正式名称は『まったりキャットハンズ』である。
  • この球団のみ一軍監督の表記が『カントク』である。
  • 誤植なのか17歳の橘みずきが入団するシーンも見られた。
  • 14のみずきのシナリオにて13の聖タチバナ学園編のパワプロ(以下主人公)と思わしき選手が登場しており、みずきと一緒にこの球団に高卒ルーキー入団した模様。その時の会話相手が『13ではなく10の主人公ではないか?』と言われることもあるがみずきは先輩であった10主人公には敬語で同級生の13主人公へはタメ口であったので、14でみずきはキャットハンズへの選手に「あ、お前は!?」とその後もタメ口を使っているのとその選手が「あおいさん」と言っているので13主人公が濃厚である
  • 専用のウグイス、球団ロゴも用意されている。しかし親会社がコロコロ変わる為、唯一親会社の名前がない球団である。


関連タグ

パワプロ 早川あおい 橘みずき
頑張パワフルズ 猪狩カイザース 極亜久やんきーズ
小山雅14のサクセス内の5年前に居たとされる

関連記事

親記事

パワプロ10 ぱわぷろじゅう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「キャットハンズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1751

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました