ピクシブ百科事典

橘みずき

たちばなみずき

橘みずきとは、パワプロシリーズに登場する女性野球選手。
目次[非表示]

プロフィール

誕生日2月2日
身長163cm
投球フォームサイドスロー(専用フォーム)
利き腕左利き
球種スクリュー、オリジナル変化球「クレッセントムーン」

作品によってはこれに加えてスライダーも投げられるが、
数年前はスクリュー系2つのみでスライダーは無しの事が多くなっており、パワプロアプリ&サクスペではスライダー3・オリジナル5になり2016から追加されたパワフェスでは変化量は1と控えめながらも再びスライダーを所持するようになった
スライダーの有無が激しい理由は12にてかつて投手時代でスライダーを主力にしてた友沢から伝授して貰ったためであり以降の作品では彼と接点がないとスライダーを所持できないためである

概要

パワプロ10でルーキーとして初登場。
その後パワプロ14までレギュラーメンバー(パワプロ11:イレブン工科大学、パワプロ12:野球アカデミー、パワプロ13:聖タチバナ学園に所属)だったが、最近は固有キャラとしてはフェードアウト気味である。ただしデッキシステムの採用作品ではクレッセントムーンを伝授してくれるため一定の人気がある(これはあおいなども同様)。

他の女性選手キャラ同様、彼女にはならない。
パワプロ13の聖タチバナ学園編では野球をする口実作りのために主人公と恋人同士になるフリをすることになるが、正式な彼女ではなく、他に彼女を作ることができる。
ちなみにみずきたちの加入までに彼女を作っていると、みずきたちの加入時に必ず彼女と別れることになる。

性格

おてんばで勝気な性格で、同じシリーズで登場した友沢亮とは犬猿の仲。
パワプロ14では二人がチームメイトの時、友沢を打ち取らせようと、又はみずきを打ち崩そうと二人が主人公を巻き込む場面も。
パワプロ12以降では自分勝手な言動が目立ってたり、硬球で主人公やぐう畜そのものなコーチの○○にダイレクトしたり、無理難題を否応無しに押し付けたり、その癖して選手として扱いにくい上に打たれて失点しやすいという有り様で一部ファンの間では「ミズカス」という仇名で呼ばれることも。
特に上述の13における強制破局は非常に性質が悪く、交際期間が長いほどエンディングで良いプレゼントを貰える可能性が上がる13の彼女システムに真っ向からケンカを売る形になっている。強制破局は早ければ2年5月、遅くとも3年6月までに確実に起きる回避不可のイベントであり、これ以降に彼女を作る分には問題ないが、他の高校に比べて最短でも1年は不利ということになる。
言うまでもないが、みずきとの恋人のフリ期間が長かろうが、関連イベントを多く起こして物語を展開させようが、主人公の育成には一切恩恵がない。(聖タチバナ学園編自体がストーリーやシリーズの伏線回収を重視した話であるためこれでいいのかもしれないが…)
その為のフォローかタチバナ学園では継承選手無しでも全ての練習で友情タッグが発生でき、経験点では獲得できないささやき戦術やみずきのオリ変を獲得できたり特殊能力獲得イベントは他よりかなり豊富になっている

バッテリー又は関係人物など

大抵は六道聖とバッテリーを組んでいることが多く、デッキシステム採用作品でも必ず二人のコンボが用意されている。
公私ともに仲の良い事が窺えるイベントも多く、黄金バッテリーと言って差し支えないかもしれない。
なお高校時代にて変化量が凄まじいクレッセントムーンをミスなく捕球できるのは聖しか居ないのでみずき自らが中学生時代の聖を自身の通うタチバナ学園にスカウトするぐらいみずきにとって命綱とも言える存在であった。
ちなみにこの捕球できない件は奇しくもみずきの義兄になった神童も高校時代この問題に直面していたことが9のあかつき編の監督から語られている。

プリンが好物である。こちらもイベントで確認可能であるが、彼女のほうが金持ちのくせして主人公の奢りのことが多い。この辺も前述の「ミズカス」呼ばわりの一因か。

パワプロ10のキャットハンズ編では、チームメイトの早川あおいが姉に似ている(パワプロ12でグラフィックが登場する)事から避け気味だったが、主人公が二人の仲を取り持つ友情イベントで仲良くなる。
サイドポニーだが、早川あおい引退後は彼女の髪型を真似している。
14では主人公が東條世代になった為、一つ上となり条件によってトレード入団で加入してくる
友情が芽生えた後(野手は一定好感度)に組めるスターダムは『にょっきり才能開花練習』
投手の場合は練習に変化球特別練習が追加され各変化球を練習すればランダムに変化量+1される。ランダムとはいえ変化量が高くなるほど恩恵あるシステムである。
そして特別練習にて低確率でオリジナル変化球を取得できるイベントが発生する。
ちなみに阿畑以外でオリ変を制作できるようになったのは彼女が初めてだったりする。11にて友沢世代へ移行後も阿畑が『主人公にオリジナル変化球を教える役割』になっていながらも阿畑と出会うことから条件又はランダム要素になり狙っての習得が困難になってた為、以降から彼がいなくても他のキャラによってオリ変入手できるようになったのはかなりの快挙だったりする
ちなみに野手だとミート又は力をランダムアップできるが野手の場合はトレード選手の東條と友沢のほうが有能なスターダムだけでなく友情タッグがあるのでこの二人を削ってまでの選択肢にはおそらく入らないだろう

彼女のシナリオに突入すると『あおいさんの作ってくれた道を歩んでるだけの自分を変えたい、自分の力で何かを成し遂げたい』と主人公にトレード入団した理由など語る。その後先発投手に転向、そしてエピローグにて女性リーガー設立するという夢を叶える為に邁進している
ちなみに14の時点でみずきは26歳である
(パラレル寄りの11の話も捉えると)あおいは23歳頃にて引退しているのを考えると、14で先発転向もして現役続投と地味に凄いのでは…?(六道は同作にて体力や肉体的問題を語ってたがみずきはそのような問題を語られていない)

パワプロ2011以降のサクサクセスでは東北楽天ゴールデンイーグルス所属扱い。
なお姉の聖名子が13にて神童裕二郎と結婚したため、神童は義理の兄になる。

パワプロ2016以降パワフェスではイレブン工科大に所属。友沢よりも年上になった為、世代とは全く無縁な関係に変更している。
2020では大きい物に見える。2018以降どこかの三角フラスコ体型のアンダースロー投手よりもを良い扱いを受けるようになった。

関連イラスト

センシティブな作品
パワプロ みずき


制服美少女が描きたかっただけ
センシティブな作品



関連タグ

実況パワフルプロ野球 パワプロ
ツンデレ 六道聖 早川あおい

関連記事

親記事

パワプロ ぱわぷろ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「橘みずき」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4453919

コメント