ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

パワフルテレビ主催の野球大会にパワプロくん矢部明雄が個人エントリーして勝ち進んでいくモード。
決勝戦が終わると闇落ちした運営関係者や敗北した選手と野球で戦うのがお約束(ヒーローズは例外)。
運要素も強く難易度は高い。そして育成でも投手の場合は二刀流が出来るが、野手の場合は投手の特殊能力のコツが発生したり、変化球量が増えたりと全く役に立てない。
特に守備が貧弱な状態で大勝しなければ守備を補強(相手チームからの引き抜き)できない点が厄介。
この点は勝てば3人加入、モブキャラ選手の成長の実装により緩和された。

オールスターモードの要素もあるが仕様上「版権絵」「パワター」のあるキャラクターしか登場できない、そのためアプリ出身のキャラクターが少し多い。
恐らくは同様の理由でサクセス出身チームがオリジナル版から固有選手が減少している場合がある。

パワフェスの参戦を逃すとパワターがパワプロから消えてしまう事が多い。

パワフェスの流れ

パワプロ2016

新モードとして搭載された。得点差で仲間になる選手の数が多くなる(最大3人)単純な仕様だった。しかし、パワフェスの味方の投手や野手が低すぎたところが難点だった。ところが、仲間になった選手は主力としてスタメン入りを果たすなど仕様上はそれほど悪くない。
パワフェスの内容では準決勝までを市民球場で、決勝戦では甲子園球場で戦う。しかし台風の場合フライの色が黄色だった為、見え難くフライを損ねてしまうユーザーも多かった。
登場する選手ではかなり少なく、前作に登場するチームとしては壱流大学しか登場しなかったが、アップデートよりサクセススペシャル(覇堂高校は最初から実装済み)に実装されたチームが対戦チームの候補になるようになった。
ラスボスは熱盛が闇落ちした状態で登場する。

パワプロ2018

本作以降より架空のスタジアムとなる。舞台は遊覧船型球場で戦う。
投手が強化になったが、どの能力になるか自体がランダムである。
ルーレットで仲間になる条件が変わる仕様になったが、実際にプレイした時には苦情が相次ぐほど評価が悪い。
ラスボスはクイーンココロ(響乃こころがセイレーンに取り憑かれた姿)。ところが過去のラスボスとは比べれものにならない程弱く、コントロールはDでスタミナがB。ライバル投手としては恒例だったパワーも低く、サクセスを含めても歴代最弱のラスボスに名を刻まれた。しかし、上方修正された為、苦戦も強いれるようになった。
また本作に限りMAJORやダイヤのAとのコラボレーション、また名前繋がりで報道ステーションとのコラボレーションも実現となった。

パワプロ2020

舞台は空となっている。野手が勝利するたびに強化したが、代わりに仲間になった選手がスタメン落ちが相次ぐ事態となってしまった。
ラスボスはフォイボス(ジュリアスが乗っ取られてしまった姿)。初見から見たユーザーからは誰だお前とツッコミを入れるほど別人に変貌している。前作のラスボスとは一転能力も非常に高く、変化球も何れも強力な球種。

OB所属チームを破った高校チームはOBを引き抜きできるルールが追加。
ただOBチームを打ち破ったあかつき大附属高校の現役メンバーが猪狩兄弟以外「全員」スタメン落ちするのは若干不自然な気も。

関連タグ

熱盛宗厚
響乃こころ
パワプロ

関連記事

親記事

冥球島 めいきゅうとう

pixivに投稿された作品 pixivで「パワフェス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1498

コメント