ピクシブ百科事典

外藤侠二

がいどうきょうじ

野球ゲーム『実況パワフルプロ野球』シリーズ及び『パワプロクンポケット』シリーズの登場人物(メイン画像左側)。
目次[非表示]

概要

初登場は『パワプロ5』。
主人公が在籍する高校と同じ地区にある極亜久商業(後に極亜久高校に変更)の野球部員。矢部明雄猪狩守と同学年。
目つきが悪く、怪しいマスクで顔を隠しており、関西弁で喋る。
守備位置は一塁手で、右投右打。『パワポケ1』以降はサブポジションとして外野手捕手がついている。能力はパワーと肩力が高めだが、他は平均よりやや低め。

『5』のサクセス中では主人公と主人公が在籍する高校に様々な妨害工作を行い、財布を隠したりユニホームを泥だらけにしたりするといった嫌がらせ行為のほか、時には主人公が怪我をしかねない危険な行為も行う。なお、1・2年時の秋季大会では一回戦の相手が必ず極亜久であり、試合前に主人公のチームの部室に下剤入り弁当を仕掛けてくる。
また、猪狩進が交通事故に遭う原因を作った張本人であり、彼が仕掛けたバナナの皮を踏んで転んだ進は車に撥ねられて重傷を負ってしまう。ただ、これは外藤にとっても想定外の事態であり、本当の目的は転んだ進が頭を打って野球のルールを忘れることだった(それでも十分過ぎる程危険な行為であることに変わりはない)。後日行われたあかつき大附属高校との地区予選では10-0と完膚なきまでに叩きのめされている。そして進は入院中にプロペラ団に拉致され、野球マスクへと改造されてしまう。

『9』以降のサクセスでは妨害工作を仕掛けてくることはなく、目つきもちょっと悪い程度のものに変わっているほか、進が事故に遭う原因であるバナナの皮が外藤の仕掛けたものかどうか分からなくなっている。

パワポケシリーズ

パワポケ1

極亜久高校に転校してきた主人公の一つ上の先輩であり、一度は野球部を退部するが、主人公が野球部を再建すると、その熱意に心を打たれて部に戻ってくる。
進の一件のせいで多くのファンから悪人のイメージを持たれていた外藤だが、この『パワポケ1』で実際は面倒見の良い人柄であることや、先輩たちが全く野球の練習をしない中、彼だけは真面目に練習していたことなどが判明し、かなりフォローされている。
主人公が二年生の時に妨害作戦を提案し、渋る主人公を説得する。そして、その年の夏に進を事故に遭わせてしまい、地区予選では一回戦であかつき大附属に大敗を喫して高校野球を終えた。

高校卒業後は後輩である村上海慈の父親の紹介でタコ焼き屋を開業し、高校にもちょくちょく顔を出している。また、マスクも外している。野球帽とマスクを外すと余計怖い外見になってるとのこと。

パワポケ2

本編には登場しないが、ドリルモグラーズをクビになった主人公が彼のタコ焼き屋で働くようになるというバッドエンドがあり、そこでちょっとだけ登場する。

パワポケ3

プロ入り後に事故死してサイボーグとして復活した『1』の主人公と再会する。
「そっくりのいとこ」という主人公の嘘を即座に見抜き、おおよその事情を聞いた後は自分のタコ焼き屋でアルバイトさせてくれるようになる。ここでバイトすると記憶が少し戻る。

パワポケ4

裏サクセス「RPG風ファンタジー編」で「大盗賊ガイドウ」として名前だけ登場する。

パワポケ5

裏サクセス「忍者戦国編」で登場。
水虎所属の忍者として登場し、水虎編では主人公の先輩となる。水虎以外の勢力で始めた場合は、水虎城に攻め込んだ際に首領の教頭斎に身代わりとして殺害されるも時既に遅しという不遇極まりない扱いである。

パワポケ14

『3』以来となる再登場。
逃げ出した前監督の後任として、少年野球チーム「ビクトリーフィンチーズ」の監督となる。
パワポケシリーズの時間軸では『3』から既に20年以上経っているため、年齢は47歳になっている。

関連タグ

パワプロ パワポケ
極亜久高校
亀田光夫 荒井三兄弟 四路智美:後輩

猪狩進

pixivに投稿された作品 pixivで「外藤侠二」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2872

コメント