ピクシブ百科事典

プロペラ団

ぷろぺらだん

プロペラ団とはパワポケシリーズに登場する犯罪組織である。 合言葉は**「すべてのスポーツを我らに」**である。

概要

正式名称:プロフェッショナル・ロウヤーズペイメント・レプリゼンタティヴ(プロ選手の雇用問題法務協会)。
略称は「PRO-P・E・L・A」で、飛行機のプロペラとかかっており、「我々は停滞した状況をかき混ぜながら前進するのだ!」がスローガン。

具体的な有力な若い新人スポーツ選手を事前に契約し囲い込み、プロペラ団を通じて送り込むと言うもの。
逆にプロペラ団に反抗的な選手はさまざまな工作を行って圧力をかけ、プロへ行けなくしてしまう。
最終的には新人選手のほとんどをプロペラ団が供給する形になり、どこのチームもプロペラ団に逆らえないようにする。

現在のプロスポーツの契約金が高くなり過ぎているため、
経営に苦しんでいるチームも多い現状ではプロペラ団のスポーツ支配が成功すれば選手との契約金を三分の一までに軽減できるらしく、プロペラ団の成功を望んでいる者たちも多い。
事実、全盛時には、傘下のレシプロ財団と契約しないとプロ野球選手になれなかった。

元はプロスポーツを利権や暴力から守る為に結成されたボランティア集団だったが、
「利権や暴力に立ち向かうにはより大きな利権や暴力が必要」と言う考えに至り、歪んでいく。

その結果、破壊や脅迫といった犯罪行為にも「スポーツの健全化」の大義名分のために平然と行う、歪んだ利権集団へ変貌してしまった。
本部はアメリカにあり、日本やヨーロッパ、南米などにも支部が確認され、世界的な組織へと広がり、500を超える企業をその影響下においていた。

唐沢博士が未来人から与えられた技術も組織の拡大に貢献している。

1,2では圧倒的な存在を誇ってたが3になると組織が肥大化したことが原因で
逆に組織が回らなくなり崩壊の道をたどる。

プロペラ団の崩壊後は、プロペラ団アメリカ本部の大幹部であった大神美智男の手により、
プロペラ団の組織基盤やサイボーグ技術、多数の非合法工作員は接収され、
オオガミはオーバーテクノロジーを利用した世界規模の大企業に成長。

関連項目

パワポケ 悪の組織 四路智美

pixivに投稿された作品 pixivで「プロペラ団」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 38101

コメント