ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

初登場はパワポケ2。親会社はガンダーロボを製作しているドリルトーイ。

NPBに所属する架空のプロ野球チーム(当然だがゲーム開始時にフィクションであることが明記されている)。

所属リーグは可変で、選手作成時に選んだ球団が所属していない方のリーグ(例:セ・リーグ中日ドラゴンズを選んだ場合はモグラーズはパ・リーグ所属、パ・リーグの福岡ダイエーホークスを選んだ場合はモグラーズはセ・リーグ所属)になる。これにより3年目の試合が延長15回・DHなし(セリーグ所属の場合。ただしパワポケ1・2では延長12回)か延長12回・DHあり(パ・リーグ所属)になるか決まるほか、一部イベントの結果も変化する。

万年最下位のお荷物球団であったため、入団選手も少なく、さらにはオーナーの奇策により
リストラ敢行(1年目)、2軍消滅(2年目)などを行い、最終的にはプレイヤーの頑張りで3年目に日本シリーズに優勝しても解散してしまう。一部チームメイトも2年目のミニゲームに失敗するか挑戦しないと様々な理由で退団してしまい、3年目に登場しなくなる。

ストーリー上は球団は存続するもプロペラ団傘下となり(パワポケ3)、プロペラ団壊滅後(パワポケ5)には大神財閥に買収され大神モグラーズとなる。パワポケ8では大神ホッパーズに球団名変更、パワポケ11ではジャジメントナマーズと合併し大神ナマーズとなった。
構成上/リアリティの問題もあるが登場するたびに固有選手の入れ替わりが目立つ。

主なドリルモグラーズ選手

凡田大介(投手)
古沢小一郎(捕手)
畑山憲男(2塁手)
水木卓(外野手)
倉刈仁志(3塁手)
ドミオバンデラス(外野手)

冬野枯男(捕手・隠し選手)

主なモブ選手

狩村正己(投手)
木村庄之助(捕手)

監督コーチなど

任月高志(球団オーナー)
野々村耕造(監督)
槌田(コーチ)
磯田修一(コーチ)
荒井三兄弟(球団職員)

余談

本家パワプロにウグイスが用意されている。
※ドリルモグラーズ名義およびモグラーズ名義。

関連タグ

パワポケ

関連記事

親記事

パワポケ2 ぱわぽけに

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ドリルモグラーズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8209

コメント