ピクシブ百科事典

木村庄之助

きむらしょうのすけ

ここでは「パワポケ」シリーズの登場キャラクターについて解説する。
目次[非表示]

曖昧さ回避


木村庄之助(パワポケ)

ドリルモグラーズの野球選手、『2』では捕手『5』から投手。モブキャラクター扱いだったが、『7』プロフィールで顔が初登場。

何故か主人公(8)は彼の顔を憶える事ができない。

11では、プロ入りして23年が経って、百戦錬磨の大ベテランとしてナマーズのリリーフエースを張り、数多の大一番で快投した。







その正体は………



ミスターK

未来からやって来た歴史学者で、6人組(黒幕の組織)の創設者であり、『パワプロクンポケット』シリーズ全体の物語の核心に迫る事件の黒幕。

自分と同じく未来人で同業者で旧友のサブロー博士共々唐沢博士に未来の技術を伝えたことで、サイボーグやアンドロイドなどのオーバーテクノロジーがプロペラ団やオオガミにもたらされるきっかけを作った人物でもある。

木村冴花の父親(メイン画像左)を高校時代のチームメイトごと殺害する。
その後木村冴花の父親の立場をミスターKが乗っ取る。

(『5』の時点で「入れ替わり」が行われた可能性が非常に高く。その為に『2』で登場した木村は『2』時点でまだ本物の可能性が非常に高い。)

協力者のサブロー博士は純粋に世界を危機から救うために彼に協力していたが彼自身はタイムスリップにより世界をコントロールすることを神様気取りで行う人物。

13では護衛のジナイダに暗殺され展開次第では娘は・・・。

サイボーグの癖に天道翔馬に対して「努力すれば何でも手に入るなんてただの童話」と言っていたことになる。

関連タグ

関連記事

親記事

木村冴花 きむらさえか

pixivに投稿された作品 pixivで「木村庄之助」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 157

コメント