ピクシブ百科事典

犬河和音

いぬかわかずね

実況パワフルプロ野球(パワプロ)シリーズのサクセスモードに登場する架空の野球選手(投手)である。
目次[非表示]

設定・ストーリー

パワプロ11初登場。ポジションは投手。
メンタルが弱い部分があり球速も遅いが、自慢の変化球で打者を抑える。

経歴

帝王実業高校(パワプロ13)から帝王大学(パワプロ11)へ進学

ゲームキャラとしての能力

※この下には犬河和音のネタ部分が書かれているので彼のファンは注意

パワプロ11において

帝王大学編で味方キャラで登場。帝王大学の四天王ルート以外では敵チームの投手としても登場する。栄光大学編では全国大会決勝で先発投手として登場するのだが予選で戦う西強大学のモブが高かったため久遠ヒカルと違いあまりネタにはされてはいないが見劣りしてしまう。味方チームにいるとき試合でよく大炎上するため多くのプレイヤーからネタにされている。また四天王ルートにおいてはキャプテンになれないため試合では野手の場合はレギュラーになり彼の失点以上得点し投手の場合は自分が先発になり彼が先発する前に抑えて試合を終わらせないといけないという厄介な仕様になっている。また投手四天王(レギュラー)になるためには彼との的当て勝負になるのだが、彼はコントロールが高いため高得点をたたき出しよほど的当てが得意でないと勝つのは難しい。ナポレオン・ボナパルトが発言した「真に恐れるべきは有能な敵ではなく無能な味方である」をここまで再現したキャラも珍しいモノである。

パワプロ13において

帝王実業高校編で味方チームで登場するのだが友沢亮久遠ヒカルともにオート時の炎上がひどかったため炎上三兄弟三男と呼ばれている。
また犬河が投低打高であるパワプロ13(特に開幕版)においてどうやって入れ替え戦を突破したか疑問点である。まあ友沢や久遠にもあてはまることではるが。

パワプロアプリにおいて

配信スタート時は影も形もなかったが、サービス途中から参戦。彼の他に猫神優、ヴィクター・コールドバーグとやや懐かしい顔ぶれが犬河と同時に追加された(猫神については犬河とセットで扱われていたのもあるだろうが)。
アプリ版恒例の金特イベントでは、主人公と共にメンタル面の改善に挑む。

また、久遠ヒカル追加時のイベントでは、COM限定ながら帝王実業高校の選手としての彼も見る事ができた。
…やはりというか「接戦の時はとことん接戦だが、炎上する時はあっさり炎上する」というアプリ版の投打バランスの犠牲になる事もあった辺り、ほぼ皆勤の山口などと比べるとどうも投高のパワプロに恵まれないようだ。

関連タグ

実況パワフルプロ野球 パワプロ
友沢亮 久遠ヒカル
ラスボス ラスボス(笑) 豆腐メンタル
みんなのトラウマ ゲームにおけるみんなのトラウマ一覧

pixivに投稿された作品 pixivで「犬河和音」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16363

コメント