2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

「わがままの 奥にやさしさ あるのかも」

概要

『パワプロ11』の帝王大学編のマネージャーで、同作の彼女候補の1人。
2016』や『2018』の『パワフェスモード』にもマネージャーの1人として登場する。

『11』では主人公の同級生で、野球に関心があるわけではないが父親からの言いつけにより社会勉強の一環として2年生(サクセス開始時)からマネージャーに就任する(他のマネージャー2人はいずれも1歳下の新入生)。

性格は非常に高飛車わがまま。名前の由来もストレートに「わがまま言う」から。しかしキツイだけの性格というわけでもなく、場合によっては主人公の私生活の話を聞いて「頑張り屋さんね」と素直に褒めることもある。

容姿は間違いなく美人。どれほどかといえば、ランダムイベントにて「街中で偶然出会った主人公と強烈に一目惚れし合ってそのまま交際に発展してしまう」ほど。パワフェスでも初対面で主人公と矢部君を虜にしている。
長いツーサイドアップピンク髪と黒いワンピースが特徴。

彼女候補としては、残念ながら「付き合いにくく恩恵が少ない」という典型的な外れ彼女。
時間経過による好感度減少値が最多、デート費用の割り勘が不可、クリスマスプレゼントが低質、エピローグプレゼント無しと、他の彼女候補と比較した性能で考えれば、極端な話育成面においては「付き合うメリットが何一つない」といっても過言ではない。
特にクリスマスプレゼントが共通していて、(選択肢次第だが)エピローグプレゼントもちゃんとある上に付き合いやすい小田谷加奈(パワフル大学マネージャー)と比較すると、実質完全下位互換といえる。
他の候補についても、伊藤絵里は付き合いやすさは勿論、クリスマスプレゼントでは野球超人伝、エピローグプレゼントも(志望球団が頑張パワフルズという前提にはなるが)ミート+1と共に完全に下回っている。ことクリスマスプレゼントにおいては何かの間違いで摩夕と入れ替わりになってしまったのではと疑われるレベル。
あと一人は「ハズレ彼女の象徴」「威圧感だけの存在」との呼び声高い姫野カレンだが、この頃のカレンは暴虐の限りを尽くしてきたパワプロ8~9の時期とは一転、年を重ねて余裕ができたのか7のような(容姿はともかく)付き合いやすく見返りも大きい彼女に戻っている。
このことから上述の一目惚れイベントで摩夕を引いてしまうことは、イベント回避が不可能なこともあって「交通事故並のバッドイベント」と揶揄されることもある。
そのあんまりのメリットの無さから、当時の攻略本では開き直って「摩夕様LOVE」というキャラ名でひたすら摩夕を追いかけるネタ企画が掲載される始末。

結果、容姿端麗で金持ちだが絶対に彼女にしたくない彼女候補という後にも先にもない強烈なインパクトを当時のプレイヤーたちに与えることとなった。

希望進路は一流企業の社長秘書であり、エピローグでは内定を貰うに至るが、主人公がプロ入りに成功した場合はそれを即蹴って、主人公への永久就職を宣言することになる。

パワフェスではどういうわけか隠しキャラという大役で登場。条件を満たすと2016ではゲームセンター、2018ではカジノで出会うことができ、彼女の「お供」になるという名目で加入する。
こちらでは実家が「我間財団」という名門であり、主人公のチーム「チャレンジャーズ」をマネージャーとして支援する一方、財団の広告塔として利用してもいる。
我間財団はシリーズでもずば抜けた大富豪らしく、猪狩コンツェルンの御曹司や橘財閥のお嬢様がキャプテンのチームすら畏縮するほどであり、黒獅子重工の資本金は摩夕のポケットマネーから出しているとのこと。

個別エンディングでは主人公と相思相愛になり、主人公を我間財団に勧誘、帝王として教育することを宣言し、その成長を楽しみに待つことになる。

2020では「我間財団U-22」というチームを差し向けてくる。

パワプロアプリ出演をかけた人気投票では36人中6位に選ばれた。

関連タグ

パワプロ
明神陽
軍導英雄
中之島幸宏

関連記事

親記事

パワプロ11 ぱわぷろじゅういち

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「我間摩夕」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4983

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました