ピクシブ百科事典

東條小次郎

とうじょうこじろう

東條小次郎とは、パワプロに登場するキャラクターの一人。

概要

初登場は『パワプロ13』。友沢亮橘みずきら第2世代選手の1歳下で当初は後輩キャラとして登場し、『14』と『15』の第3世代主人公のサクセスでは同い年のライバルキャラの1人となる。『パワプロアプリ』では13と同じく主人公の1歳下の後輩だが、学年の整理が行われた都合でみずきとは同学年になっている。
右投げ左打ちで強打の三塁手。登場当時はそれなりに珍しかった「パワーヒッター」と「広角打法」の両方を持ち、さらにスラッガータイプにしては珍しくミートが高めで走力もそれなりという恵まれた能力値だった。

性格は過剰なまでにストイック。自分だけでなく他者にも非常に厳しく、ときにチームメイトの不興を買ったり野球への自信ややる気を削いでしまうなどの悪循環を生んでしまうほど。こうなってしまった理由は13で語られており、中学で仲の良かったチームメイトに自分の不注意からなる練習のし過ぎで再起不能の大けがをさせてしまったことによる罪悪感からきている(それで関係ない高校のチームメイトを巻き込むのはただの八つ当たりな気がするが…)。
一方私生活ではメガネを掛けることもあり、その状態だと裸眼の時とは打って変わって穏やかになり、花を愛でたりチームの和を重んじる優しい性格になる。まるで二重人格を思わせるような変わりっぷりだが少なくとも記憶は共有している様子で、アプリのイベントでは裸眼の状態で口論にまで発展した先輩に対して、翌日メガネを掛けて非礼を詫びた上で改めて解決案を提示して問題を治める場面もあり、状況に合わせて使い分けている様子。

人間関係としてはストイックな性格もあってかあまり交遊が広くはないが、猛田慶次とは中学時代のチームメイトで、高校以降はライバル…というより犬猿の仲になっているが、何かと縁が深い。一方14で登場した鈴本大輔は高校のチームメイトであり後のライバルでもあるが、こちらも複雑な因縁となっている。ちなみに誤解されがちだが、鈴本と上記のけがをさせた中学時代のチームメイトは全くの別人である。

13ではパワフル高校編でチームメイトとして登場し、上述の背景と性格を抱える気難しい後輩だった。帝王実業編や聖タチバナ学園編でも顔見せ程度ながら登場しており、そちらではパワフル高校の代表選手として扱われている。

14ではライバルキャラの1人として登場。10でも登場した「頑張パワフルズ」に入団して若くしてチームの主砲を担っており、場合によっては「津々家バルカンズ」に移籍して主人公のチームメイトになる。メインのライバルキャラである鈴本の姉に想いを寄せているという描写があったが、相手が同作以降では一切出てこないため結局どうなったのかは不明である。

15では鈴本の存在が抹消されたこともあってかメインのライバルキャラに昇格。実はTOJOインターナショナルという大企業の御曹司だったことが明かされる…というよりは急遽過ぎる後付け設定が加えられた。また、広角打法が抹消されてプルヒッターに変更されている。

アプリでは最初期から登場。新規ユーザーのミッション報酬としても採用されており、ゲーム開始当初は世話になることが多い。
初期実装キャラなこともあり超特殊能力(金特)は査定が低い「アーチスト」で、しかも入手不確定、イベントにも体力を削るものが多いと微妙な性能だった。しかし後に派生として「メガネバージョン」が実装。金特が「高球必打」に変わって確定入手になり、金特イベの短縮、回復イベントの実装、テーブルの見直しなどさまざまなテコ入れが施されたことで大幅に使いやすくなった。なお本人の選手能力についてノーマルバージョンでは14までとほぼ同じ特殊能力の構成だったが、メガネバージョンはさらに金特の「安打製造機」を持っている。

プロ入りした球団は14やパワフェスモードでは上述の通り「頑張パワフルズ」であるが、『2011』以降のサクサクセスでは福岡ソフトバンクホークスになっている。そのため近年のイラストでは、同じようにソフトバンク所属となっている小山雅や風薙豹(前者はあくまで推定だが)と一緒に描かれることもあり、特に雅とはカップリング扱いになっているケースも見られる。

関連タグ

パワプロ パワプロアプリ

関連記事

親記事

パワプロ ぱわぷろ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「東條小次郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25961

コメント