ピクシブ百科事典

クリシュナ・ラマヌジャン

くりしゅならまぬじゃん

クリシュナ・ラマヌジャンとは「The Wonderful 101」の登場人物で、ワンダ・ブラックの本名。

概要

CV:福島央俐音
国籍:インド
支部:ニューデリー
武器:タイム・ボム
必殺技:ユナイト・ボム

11歳にして知能指数300を超える天才児。その卓越した頭で飛び級に飛び級を重ねたため現在大学生。アメリカの工科大学に籍を置き、機械工学の研究に勤しんでいる。
シロガネ博士の片腕にしてワンダフル・ワンダブルオーの先進科学技術を考案、実用化してきたメカニック担当であり、戦隊の一員でもある。ワンダ・ブラックに変身する。

基本的に無口で感情すら表に出さないクールな男子。作戦中だろうとお構いなしに四六時中携帯ゲームに興じているが、頭の中では作戦を練り続けているらしい。ひたすらにテンションが低く仲間ともまともに対話をしようとしないが、グリーンとは年が近いこともあり仲が好く、ピンクに二人で悪戯を仕掛けるお茶目な一面も存在する。
本編でロボット系の操作をレッドの影に隠れてしていた人間でもある。

武器は自ら開発したタイム・ボム。ユナイト・モーフは「ユナイト・ボム」で、敵の時間を止める補佐的な役割を果たしている。なお爆弾の割にダメージは殆ど発生しない。

関連タグ

the_wonderful_101

コメント