ピクシブ百科事典

イモータ

いもーた

『The Wonderful 101』の登場人物。メインイラスト画面右の女性。
目次[非表示]

概要

CV:品田美穂
ゲスジャークを追って外宇宙からやってきた、銀河連邦警察S451219管区特別機動捜査隊隊員。
物事をズバズバと口にし、若さに任せた行動力でどんな危険にも立ち向かう、明朗快活で男勝りな女性。しかも僕っ娘
訓練を終えたばかりの新米隊員で経験も浅いが、持ち前の正義感でがむしゃらに戦う姿は男兵士顔負けの力強さを見せる。
一方その表情には少女らしいあどけなさも残し、時に気弱な一面をのぞかせる事もある。

ワンダフル・ワンダブルオーの前に現れては手助けしたりアドバイスをして立ち去ったりと、意味深な行動を繰り返している。

バイオECMシェルを搭載した矢で、射抜いた標的の神経・電気系統を狂わせるボウガン『サクラン・ボウガン』を武器に、全銀河の悪を取り締まる。

以下ネタバレ






















出身は彗星ルローで、その正体はヴォークンの妹(つまり彼女も元王女様である)。
ゲスジャークの侵略により故郷を失い、銀河連邦警察の機動捜査隊員への道を選んだ。
この侵略の際に洗脳され、文字通りの暴君へと変わり果てたヴォークンの暴走を止めるために暗躍するが、やがて銀河連邦警察もゲスジャークに壊滅させられてしまった。

為す術のなくなった彼女は、ヴォークン率いるガイゾックが次に目を付けた地球の戦士であるワンダフル・ワンダブルオーに協力を要請するが、不器用すぎる性格ゆえに態度が上から目線であったことと、彼女をビジョーヌと重ねたブルーから強く反対されたことが重なり、なかなか本当のことが言い出せずにいた(ちなみにピンクもイモータをヴォークンの元カノと勘違いしており、かなり反対していた)。
本編のオペレーション006にてビジョーヌを撃破した後、ブルーが受け入れた事で真実をすべて話し、ようやく彼らの仲間となった(この時から目元につけていたバイザーを外しており、素顔が見えるようになる)。
ただヴォークンとの最終決戦まで兄妹関係を明かしていなかったのか、満身創痍のヴォークンが吹っ飛ぶほどのパンチ&キックをかましてからのクソ兄貴呼びでピンクをびっくりさせていた。

固有のユナイト・モーフはユナイト・ボウガン。一筆でハート型を描けば発動する。
一見グリーンのユナイト・ガンによく似ているが、彼女の矢には自爆作用がついており、攻撃を当てられた敵は爆散するという特徴がある。

余談

MiiVerse曰く『実は硬派に描く内容だったため、イモータちゃんは存在していなかったのだそうです。イモータちゃんが本作に登場するにいたった経緯ですが、ディレクターとプロデューサーとの間でちょっとやりとりがあったようで、ディレクターの神谷が「ヒロイン、いらないよね?」とプロデューサーの稲葉に聞いたときに、稲葉が「いります。」と力強く答えたのだとか。それで急遽イモータちゃんを盛り込むため、神谷がシナリオを書き直したというエピソードがあったみたいですよ……。みなさん!ここでお気づきになりましたね!本作のヒロインは「ワンダ・ピンク」ではなくて、「イモータ」だったということです!!(>_<)あっ!もしかしてダブルヒロインだった!?』とのこと。
その為なのかホワイトも彼女の事を『イモータ氏』ではなく『イモータちゃん』と呼んでいたりする。
名前の元ネタは勿論

関連タグ

the_wonderful_101 プリンス・ヴォークン

pixivに投稿された作品 pixivで「イモータ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2332

コメント