ピクシブ百科事典

ジャギンガ

じゃぎんが

『The Wonderful 101』に登場する邪悪なる頭脳でゲスジャーク星団連合無敵艦隊の総統とも言われる悪の親玉でもあるが、現在pixivでは投稿画像がない(deviantARTにはある)。
目次[非表示]

声:梁田清之

ジャギンガについて

グスジャークの要塞惑星『ゲス・ワクセー』のエネルギー炉『ジャークマター・リアクター』であると同時に総統としての自我を司る機械頭脳でゲスジャーク軍の全てを支配する。
元々はゲスジャーク星団の機械文明が生んだ平和を支えるスーパーコンピューターだったが外宇宙からやってきた『大銀河連合艦隊』によって星団が滅ぼされた際、その悲劇を未然に回避する為、あらかじめプログラムされていた『宇宙暦修正計画』を発生させ、過去の時間軸にある人類の銀河系にやって来た。
争いの末に生まれた悲劇の象徴ともいえる存在である。

ワンダ・ジャギンガについて

1500年後の未来の人類が作り上げたバイオニック・コンバットバイザー『ワンダマスクZ』を装着し、強化変身した姿である。
強化骨格『ライブメタル・スケルトン』を装備すると同時に、ハイパー・ユナイトモーフシステムによってパワー・マニピュレーターを形成し、機動力および近接戦闘における強大な攻撃力を誇る。
ライブメタル製のワンダ・マスクZは、装着者の体格に合わせて自動伸縮する機能があってジャギンガが装着することで大型の体躯が具現化われた。
またその体はマスクを通じてサイコ・リングによって操る事が出来、精神力の強さに応じて機動力と攻撃力が増幅されるのでそのパワーはセンチネル・スーツの300倍から400倍に達すると思われる。

天体殲滅機動形態について

ゲスジャークの要塞惑星『ゲス・ワクセー』の究極形態で装甲も兼ねた要塞コーポネントを排除し、人型形態を展開して驚異の機動性を得た最終形態でその際に反荷電粒子シールドを失ったが、それでもピュア・ゲスメタル製のボディは陽電子砲程度では傷一つ付かない頑強さを誇る上、軽量化によって軽装甲になった事で機動力はかなり上がった。
その身長は221kmという物凄い巨大で、その姿はゲスジャーク星団を侵略した大銀河帝国の主力戦闘集団の戦闘服を模したとも言われ、対峙する者への心理的影響も含め、戦闘における理想的な設計がなされている。
全身の至る所に火砲が備えられ、まさに全身兵器とも言うべき様相を呈しており、その火力は高機動化で数十倍の戦闘力になったとも試算される。
作中では手から沢山のガグージンを繰り出してくるので、戦闘の際にはプラチナロボとガグージンの合計を200体にする必要がある。

コメント