ピクシブ百科事典

プリンス・ヴォークン

ぷりんすゔぉーくん

『The Wonderful 101』の登場人物。

概要

CV:須藤翔
流浪の彗星「ルロー」の王位継承者にして、全銀河を股に掛ける強大な武装集団「宇宙海賊ガイゾック」のリーダー。

自分が誰よりも優れていると信じて疑わない傲岸不遜な性格で、他者のことは塵ほどにも気に掛けない。
そのためなのか何度訂正されようとワンダ・レッドを「ナンダ・レッド」、地球を「チンキュウ」と呼んでいる。
このゲーム屈指の強敵キャラだが、

  • 関係ない話を延々と続ける
  • 登場する度にワンダ・レッドが毎回彼の名を肩書き付き(出会う度に長くなっていく)で言う
  • ワンダ・ピンクが彼を前にすると愛故に暴走する
など、いかんせんその前のショートドラマはギャグテイストになりがち。

強い戦士を探して星々を巡り、力ずくで屈服させては自分の配下に加え、ひたすら戦力の増強に明け暮れている。

生まれ持った抜群の戦闘センスに加え、彗星ルローの科学の粋を集めて作られた強化外装「ヴァンゼン・スーツ」に身を包み、ユナイト・モーフと同等、あるいはそれ以上の威力を誇る合体技「ユニファイ・モーフ」を操る。
帯同している情報端末ロボット「ブイスター」は高密度ホログラフィックメモリを搭載し、より複雑かつ高機能なユニファイ・モーフデータをインストールして、ヴォークンを強力にサポートする。

以下ネタバレ
























本名はヴォークン・オージであり、その正体は彗星ルローの王子。
美しい故郷である彗星ルローに生まれ、弱い人を助ける慈愛の眼差しと悪い人を挫く勇敢な心でルロー人の誇りになった星の守護神でもあった。

今から10年前に突然ゲスジャークの侵略軍が現れ、ルローの平和を踏みにじった。
それがきっかけで必死にゲスジャークに抵抗するルロー人達の先陣を切り、子供時代からありとあらゆる格闘術を学び、戦士としても天才的な才能を表していた。
しかしゲスジャークの強大な勢力を前にルローの防衛軍は次々と敗れ去り、ゲスジャークの軍勢は遂にルロー全土に侵攻。
結果として無抵抗の人々が次々と殺されてしまい、宇宙の放浪者になった経緯を持つ。
またイモータや最高幹部・ギーミの発言を聞く限りだと、ルローの戦いの後にゲスジャークに洗脳されており、戦意を失っても体内に仕込まれた細菌兵器「バイキ」に殺される運命にあった。

なお作中では割愛されているが、ワンダフル・ワンダブルオーとの最終決戦の前にゲスジャークの2等幹部・ヒョーガを「決戦の舞台に横槍をいれられたくない」という理由で殺している(ゲスジャークファイルではヒョーガは「彗星ルローを恐怖へと陥れた張本人」と書かれていたので、実際にはルロー人達の仇を討つために殺したのでは?という憶測がある)。
ワンダフル・ワンダブルオーの活躍で体内に送り込まれたバイキを除去された後、オペレーションの終盤で仲間になり、ワンダフル・ワンダブルオーと共にゲスジャークをやっつける事になる。

固有のユニファイ・モーフはユニファイ・ブーメラン
遠距離攻撃に特化したユニファイ・モーフで、一度敵に当てると連続して体力を削ることが出来る。
本編のヴォークンとの対戦でも普通に使ってくる(結構痛い)。

なお予告編の動画では声が山寺宏一のように聞こえるとか。
名前の元ネタは暴君だが、過去の経歴を見る限り本来の性格はむしろ真逆の賢帝である。

関連タグ

the_wonderful_101 ウィル・ウェッジウッド

pixivに投稿された作品 pixivで「プリンス・ヴォークン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 69

コメント