ピクシブ百科事典

ケイオススペースマリーン

けいおすすぺーすまりーん

ケイオススペースマリーンとは、イギリスのミニチュアゲーム「WARHAMMER40,000」に登場する勢力である。
目次[非表示]

概要

「偽りの皇帝に死を!」

Chaos Space Marine



人類の帝国における最精鋭の一つであり、皇帝の代理戦士たる超人兵士スペースマリーン。しかし皇帝や帝国への疑念や力への渇望などから、人類に敵対する渾沌の禍つ神々への信仰と忠誠を誓った<大逆派>と呼ばれるスペースマリーン達も少なくない。
彼らは渾沌の神々からの恩寵と加護を賜り、超常的な肉体や能力を有する渾沌の戦士ケイオススペースマリーンへと生まれ変わる。
かつて忠誠を誓った君主を偽りの皇帝と唾棄し、帝国の破滅と銀河の征服を目論み戦い続けている。
帝国のみならず、オルクタウエンパイア、そしてケイオスと因縁深いアエルダリなどのあらゆる異種族とも敵対している。

ホルスの大逆

皇帝による銀河統一の戦い<大征戦>の最中、スペースマリーン第17兵団「ワードベアラー」はその宗教的活動を皇帝より厳しく禁止された。
失意の中にあった総主長ローガーであったが、渾沌のデーモンの導きにより皇帝の支配する銀河の絶望的な未来を伝えられ、帝国の転覆を誓い渾沌への信仰に下った。
姦計を巡らせ大元帥ホルスを渾沌への信仰に転じさせ、ホルスもまた兄弟たる総主長と麾下のスペースマリーンの半数を味方につけて帝国への反乱を起こす。
<ホルスの大逆>と後に呼ばれるこの戦いには最終的に敗北したものの、大逆派スペースマリーン兵団の残存勢力の多くはこの世ならざる渾沌の空間<恐怖の眼(アイ・オヴ・テラー)>を本拠とし、今なお帝国に牙を向け続けている。
そして大逆後に創設された<帝国>のスペースマリーン兵団がケイオススペースマリーンへと堕落してしまう例も少なくない。

勢力としての特徴

スペースマリーンとしての超人的身体能力に加え、渾沌の神々から賜りし恩寵と加護によって様々な超常の能力をも獲得している。一方で兵器技術はホルスの大逆以降その発展は遅く、大逆当時の兵器が今なお運用されている。その一方で、機械と渾沌のディーモンが一体化したディーモンエンジンと呼ばれる独自の魔導機械を戦力に組み込んでいる。
その姿に誇り高きスペースマリーンの面影は最早なく、悪魔めいた角や牙、人骨や人皮などで装飾されたアーマー、変質しアーマーや武装と一体化した肉体など、見るからに悍しい姿へと変容している。
中にはディーモンに身体を譲り渡すポゼッスドや、渾沌の神々に見出され自身がディーモンそのものへ転生するディーモンプリンスとなる者もいる。
特に大逆派総主長たちのほとんどはディーモンプリンスへ転生し、<総魔長(ディーモン・プライマーク)>と呼ばれている。

関連イラスト

Kharn


ワールドイーター兵団の団員"裏切り者"カーン。

【warhammer40000】悪疫の戦士


プレーグマリーン。疫病の神ナーグルに奉仕する。

Talos Valcoran, The Soul Hunter


ナイトロード兵団の団員"魂狩り"タロス・ヴァルコラン。

関連項目


WARHAMMER40K
スペースマリーン

関連記事

親記事

Warhammer40k うぉーはんまーふぉーてぃーけー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ケイオススペースマリーン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 115

コメント