ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

黒騎士ゲボルグ

序章「勇者の旅立ち」に登場したクラス3・火属性・戦士・男性モンスター
魔戦士タンタがクラスチェンジした姿

闇騎士ゲボルグ

第4章「灼熱の煌国」において進化した姿
【必殺の一撃】こそ覚えないが、やや高いステータスと4リールを埋められる事の安定度が強味である。
また、2018年1月10日~2月6日の期間中、時空の扉においてボスとして登場している


クラスチェンジ派生

黒騎士ゲボルグ(Lv10)+闇なる意思→闇騎士ゲボルグ


【こうげき】

【こうげき!】

【会心の一撃】

【シビレ斬り】
倍率100%の毒属性単体物理攻撃で、低確率で麻痺状態を付与する。
確率は低いが、ボスにも有効な状態異常を与えられるため、何かと役に立つ事は多い。

【ドレインスラッシュ】
倍率100%(実質105%)の闇属性単体物理攻撃で、ダメージの50%だけ自分のHPを回復するドレイン効果がある。
ちなみにドレイン系効果の回復量は、実際に相手のHPを削った数値ではなく、発生したダメージ(吹き出しで表示される数値)を基準に回復量が算出される。

【ヒートウェイブ】
火属性・全体物理攻撃。
威力は攻撃力の90%と高くは無いが、コストの低さから2リールの1枠に入れるには丁度良い。
ちなみに星の章以前は攻撃力の45%と非常に弱い攻撃で、全くと言って良いほど使えないとまで評されていた。

【闇騎士の一撃】
闇騎士ゲボルグになると習得する
敵単体に220%(闇属性補正により実質231%)前後のダメージを与える闇属性の物理技。
【必殺の一撃】に比べて若干倍率は劣るが、4リールをこの技で埋めることが可能なので、埋めてしまえば安定して高火力を出せる。
光属性モンスターには【必殺の一撃】を大きく上回るダメージが出せるので、創世竜プロトスタードラゴンイベントでは人気が見られた。

【暗黒シビレ斬り】
新アイテム「ブラックフォース」を闇騎士ゲボルグに持たせていると習得する
麻痺の追加効果(発生率は要検証)を持つ単体物理攻撃で、【シビレ斬り】と同じ毒属性に加えて、闇属性を併せ持つ。
基礎威力倍率は攻撃力の175%(実質183.75%)程度となっている。


EX技

黒騎士ゲボルグ

『デビルスラッシュ』『サタンスラッシュ』
倍率100%(実質105%)の闇属性全体物理攻撃で、確率で麻痺状態を付与する(超EXになると麻痺確率上昇)。消費EXゲージは8。
それほどダメージが高いわけではないが、麻痺の発生率は割と高め。

闇騎士ゲボルグ

ダークスラッシュブラッディダークスラッシュ
倍率が下位100%(実質105%)、上位120%(実質126%)程度の闇属性の全体物理攻撃で、高めの確率で麻痺状態を付与する。消費EXゲージは10。
威力はアーケード版現在においても強化はされていない。

由来

ケルト神話の英雄「クー・フーリン」が使っていた槍である「ゲイ・ボルグ」より。
怪魚の骨から造られており、『破壊する槍』の意。
従者が5人がかりで運ばなければいけないほどの巨大な槍だったという。

関連タグ

オレカバトル 魔戦士タンタ クフリン(オレカバトル)

関連記事

親記事

魔戦士タンタ まおうたんた

pixivに投稿された作品 pixivで「ゲボルグ(オレカバトル)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 0

コメント