ピクシブ百科事典

サバ折り

さばおり

サバ折りとは、相撲の技である。
目次[非表示]

概要

廻しを取って強く引き付け、上からのしかかるようにして相手の膝を土俵に付かせる技。

「鯖折り」の名称は、技を掛けられた力士が「活け締めにされるサバの、首を折られた時の姿」に似ているところからついた。
サバは「生き腐れ」の異名を取る程鮮度の落ちが早い魚であり、冷蔵技術の未発達だった時代には鮮度を保つ目的で、釣り上げたその場で首を折って血抜きし、活け締めにされる事が多かった。

この技をかけられた場合、腰や膝に大きな負担がかかる為、小中学生等の大会では禁止される傾向が強い。
事実大相撲昭和61年(1986年)5月場所8日目、当時大関昇進を目指していた小錦が対戦相手の北尾に取り直しの末この決まり手で敗れたが、その際に両者合わせて400kg以上の体重が右膝にかかり複雑骨折。翌日から休場を余儀なくされたばかりか、その後の相撲人生に大きく影を落とすこととなった。

ベアハッグとの相違

ベアハッグとの混同が多く見られるが、ダメージを与える意味合いが違う。

鯖折りは腰をそらすことによって相手の抵抗を削ぎ、そのまま下に落とすことにより膝をつかせるのが目的。相手が膝をつくことを拒んで立った状態を維持すると、相手が覆いかぶさって腰に相手の体重がかかる。
ベアハッグは腰を強く引き付けることにより腰にダメージを与えるのが目的。

つまり、ハグした状態でたかだかと吊り上げる状態はベアハッグではあるが、鯖折りではないのである。
そのため、鯖折りは技の掛け手の体重を、ベアハッグは掛けられる側の体重で負荷がかかる
ため、仕組みが異なる。

このような混同が発生したのは、間違いなくエドモンド本田の鯖折りが原因であろう。

関連タグ

相撲
ベアハッグ
ジーグブリーカー
サバオリくん

pixivに投稿された作品 pixivで「サバ折り」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 190586

コメント